開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

株式会社マクニカ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/05/25

DXの成否は「コミュニケーション7割」と言えるワケ、今知るべき“成功”への3ステップ

「データ活用を重要視せよ」「2025年の崖に落ちるな」など、DX(デジタルトランスフォーメーション)を求める企業内外からの圧力が強くなっている。対して、企業幹部やDX担当者からは「重要なのは分かるし、すでに着手している。しかし手応えがない」との嘆きの声が多い。特にデジタル化の必要性が問われている製造業では、DX専門チームが掲げる理想と製造現場で抱える現実とのギャップなど、DX実現を妨げる高い壁に悩まされている。今回は、その高い壁を取り払って成果を挙げる製造業DXについて解説する。

photo
DX専門チームが掲げる理想と製造現場で抱える現実とのギャップを埋めて成果を出す製造業DXを進める方法とは
(Photo/Getty Images)

なぜDXで成果が出ない? 共通する“失敗”の原因を探る

 DXが認知されてから3年以上が経ち、多くの製造業者は中期経営計画にDXを組み込んでいる。そのための専門組織や専門チームを用意している事例もよく聞くようになり、計画や準備は順調に進んでいるようだ。しかし、それでも目立った成果が見えないという声が圧倒的に多く聞こえる。

 その理由として、「DXリーダーへの期待値・負担が激増して、焦りが先に出ている」「デジタル化など業務が進展している部分はあるが、妥当性の判断が難しい」「大きな変革を取り入れる個々人の許容幅が狭まっていて、上手に飲み込めない」などが挙げられる。

 つまりDX担当者は取り組みに一生懸命なのに、関連部門は準備不足で上手にDXを受け入れることができておらず、マネジメント層も正しく評価できていないのだ。こうした背景が組織内での認識のずれを生み、それを許容できるゆとりもなく、前に進めない状況に陥っている。こうしたずれは、以前は対面でのコミュニケーションによって解消する方法もあったが、コロナ禍によってそれも困難になっている。

 DXチームは本来、各部署や働き手との関係整理や連携、また関連システムとの連携が求められる。しかし横断的に連携するには、部署間でのDXに関する知識の差やDX施策の意義・効果に関する関係者全員の理解といった点を考慮する必要がある。こうしたポイントを組織全体で認識した上で、部門間や組織階層間でのコミュニケーションを円滑にし、DXを進めていくことが望まれる。ここからは、DXを成功に導くコミュニケーション改善のポイントを解説する。

この記事の続き >>
・DX成功のカギが「コミュニケーション7割」と言えるワケ
・絶対に押さえるべき「コミュニケーション」を円滑にする3つのステップ
・DXで最も“つまずく”「MES」も成果が出る

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!