開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/05/11

RPAの本質にして盲点。効率化・コスト削減だけじゃない、RPAが「本領発揮」する課題とは

業務プロセスをソフトウェアのロボットで自動化するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)は、人材不足に直面している企業にとって有用なテクノロジーだ。しかし、それはRPAがもたらす1つの側面にすぎない。ただ人材不足を補うだけではない、RPAが秘めるパワーとは何か。

photo
RPAの知られざる効果とは
(Photo/Getty Images)

すべての企業が直面する人材不足、人事課題とRPAの関係

 企業が抱えている課題はさまざまあるが、共通する課題を1つ挙げるとしたら、「人材不足」がその筆頭だろう。少子高齢化に伴う労働力不足は、業種・業態・規模に関係なく、すべての企業が直面している深刻な課題である。

 さまざまな解決策が考えられるが、人事面での施策としては社内の潜在人材を掘り起こすことが挙げられる。特に注目されるのが、シニア/女性/若手だ。「経験豊富なシニアに、若手に技術・ノウハウを継承してもらう」「結婚・出産などのライフイベント後も、女性が働き続けられる環境を整える」「人材の流動性が高まる中、テレワークなどの柔軟な働き方を実現して、若手に長く働いてもらえるようにする」などに取り組む企業は増えている。

 ただし、人事的な施策だけで問題を解決するのは困難だ。そこにはITの力が欠かせない。ここで有用なのがRPAであり、大きく3つのメリットがある。

 1つは定型業務の自動化だ。繰り返される定型業務を自動化すれば、より付加価値の高い業務に人材をシフトできる。2つ目は業務プロセスを会社の資産にできることだ。RPAを使えば、人の頭の中にある業務手順をデジタル化して会社全体で共有できる。3つ目が民主化だ。これは、現場の従業員が自身で自主的に自動化に取り組むことを指す。

 では、RPAの3つのメリットとシニア/女性/若手の活用は、どのようにつながるのだろうか。以降では、具体的な事例を交えながら、その理由をひもときたい。

この記事の続き >>
・RPAが多様な人材活用を後押しする理由
・こんな使い方もあったのか! 効率化だけじゃない、事例で学ぶRPAの活用法
・「現場の働きやすさ」と「管理のしやすさ」を両立するRPAの特徴とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!