開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本オラクル株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/06/01

なぜJALはマルチクラウドを“フル活用”できる? 「現実解」「専門組織」が鍵に

急速に変化するビジネス環境に迅速かつ柔軟に対応するためには、クラウドを活用したIT基盤の整備が不可欠だ。既存のシステムを運用しつつ、クラウドの恩恵を受ける方法とは何か? オンプレミスの基盤からハイブリッド/マルチクラウド基盤への刷新に成功したJALグループの事例を参考に、JALインフォテック 仁木 岳氏、日本オラクル 近藤 暁太氏、ヴイエムウェア 宇井 祐一氏、ビジネス+IT編集部 編集長の松尾 慎司(モデレーター)が、「現実解」「専門組織」などハイブリッド/マルチクラウド基盤構築のポイントを議論した。

画像
JALはどのようにクラウドをフル活用しているのか? JALインフォテック ハイブリッドクラウド基盤部 仁木岳氏らが語った。

JALが抱えていたオンプレミスIT基盤の課題

 JALグルーブのIT戦略では、デジタルトランスフォーメーション(DX)が成長のための重要な取り組みと位置付けられ、DXにより顧客体験(Customer Experience:CX)と従業員体験(Employee Experience:EX)の価値を最大化することが打ち出されている。それを支えるのが、ハイブリッドクラウド基盤「CIEL(シエル)」である(CIELはフランス語で「空」の意味)。

画像
JALグループのデジタル・IT戦略

 もちろん、CIELは一朝一夕にでき上がった基盤ではない。同グループは、2017年から当時のオンプレミスを中心とするITの課題を一掃するプロジェクト「ITグランドデザイン」を進めており、その中のIT基盤への対応として構築されたのがCIELである。

 CIEL以前のIT基盤が抱えていた課題について、JALインフォテック ハイブリッドクラウド基盤部 ハイブリッドクラウド企画グループ 仁木 岳氏は次のように説明する。

「以前からサーバ仮想化は進めていましたが、オンプレミスでは限界が見えていました。最大の課題はホスト増強に時間がかかることでした。新しいシステムを構築しようとすると、サーバやネットワーク、ストレージなどの準備にそれぞれ申請が必要となり、ビジネス側から求められるスピードに対応できなくなっていたのです」(仁木氏)

 そこで、JALとJALインフォテックが打ち出した方向性が「クラウドシフト」だった。仁木氏は「クラウドシフトの方向性を策定し、経営レベルと合意、方針として明確に打ち出したことで、全員のベクトルが一致しました」と述べる。

 その後、「クラウドシフト」をIT部門はどのように実現させたのか? クラウドを“フル活用”できるまでの「環境づくり」「現実解」「専門組織」について、当事者らが解説する。

この記事の続き >>
・なぜJALは「マルチクラウド」をフル活用できるのか
・ハードルが高いクラウドネイティブへの移行、現実的なアプローチは?
・「クラウド活用推進組織」をどのように生かすのか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!