開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アドビ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/06/03

なぜビジネスに「3D」「メタバース」が重要なのか? その効果と成功の“要点”

顧客の要望が多様化・高度化する中、顧客体験が企業競争力をより大きく左右する時代となった。その中で広がりを見せているのが「3D」や「メタバース」だ。その活用はこれまで特定の企業に限られていたが、近年はあらゆる業界で広がりを見せている。しかし、一般的にはまだ「活用が難しいのでは?」といった先入観が存在するだろう。こうしたハードルをどう乗り越え、VR、AR、さらにはその先にあるメタバースの世界へと歩を進めればよいのか。弊媒体読者へのアンケートや事例などを交え、答えを探る。

photo
これからの顧客体験には「3D」「メタバース」が欠かせない
(Photo/Getty Images)

顧客体験の要になる「3D活用」

 今、「3D活用」が注目を集めている。これまで、3D技術や3Dデータを活用したVR(仮想現実)/AR(拡張現実)技術は、映画・ゲームといったエンターテインメント領域、設計・製造などのエンジニアリング領域、さらにはグラフィックスデザイン領域を中心に活用が進められてきた。

 しかし今日では、製品・サービスのセールス/販促(マーケティング)といった領域へと3D活用の裾野が広がり、その流れは一層加速していくはずだ。さらに今後は、仮想空間の中でサービス展開やユーザーとのコミュニケーションを行う「メタバース」への対応も必要になるとされている。

 その背景には、顧客の消費行動が大きく変容していることが挙げられる。情報やモノがあふれる時代となり、「モノ売り」から体験価値を重視した「コト売り」が求められていることや、新型コロナの影響から生活者、企業による購買プロセスのデジタル化が進行していることはその典型例だ。オンライン上での顧客接点を強化し、その体験を良質化・高度化することが強く求められている。

 とはいえ、マーケティングをはじめとする一般のビジネス部門には通常、3Dに精通した人材は少ない。ゆえに、3Dには手が出しづらいと考える企業は多いだろう。一昔前、動画やクラウドに同じようなハードルを感じていた企業も多いはずだ。しかし、今やそれらは当たり前となり、適応した企業が先行者利益を得た。

 そこでここからは、3Dの技術的なハードルを乗り換え、3Dによる顧客体験の向上を図り、これからの時代に競争優位を築く方法について考えていこう。

この記事の続き >>
・読者466名のアンケートから見えた3D活用の「現実」
・ミズノ、カシオの3D活用事例を解説
・将来的なメタバースを見据えた準備とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!