開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/06/20

案外うまくいかないRPA、失敗はどう巻き返す? 運用見直す企業が続出のワケ

人手不足を解消し業務効率化を進める救世主として、近年、RPA(Robotic Process Automation)が注目を集めてきた。しかし、RPAブーム当初の見込みとは違った現実がある。導入したものの効果が得られずに運用を見直す企業が増えているのだ。なぜ運用に失敗してしまうのか。本記事ではその要因を探り、失敗事例からRPA運用上の課題解決法を考察する。

photo
RPAの理想と現実
(Photo/Getty Images)

RPAブームの裏で中小企業の導入率は「わずか10%」の実態

 RPA(Robotic Process Automation)とは、これまで人の手を介して行ってきた業務をロボットに置き換えて自動化する仕組みのことである。企業の人手不足を解消し、業務の効率化を実現するITシステムとして、2017年頃から期待を集め、2018年からは一気に広がりを見せてきた。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)推進の潮流もあり、この数年間でRPAを導入する企業の数は急激に増えている。MM総研が発表した2021年1月のRPA利用動向調査によると、RPA導入率は大企業(年商50億円以上)が37%、中小企業(年商50億円以下)が10%だという。

 大企業では導入がかなり進んでいるが、中小企業ではさほど進んでいない実態があるのだ。また、テスト的に導入したものの、「ロボット開発の人材不足」「ユーザーの教育不足」「ロボットの管理とメンテナンスの複雑さ」などさまざまな課題を乗り越えられず、本格的な導入に足踏みしている企業は少なくない。

 以降では、RPAプロジェクトが失敗する理由を、3つのフェーズに分けて考察していこう。また、実際の失敗事例を挙げながら、なぜ失敗したのか、課題はどこにあるのか、どのように見直していくべきなのかを解説する。

この記事の続き >>
・RPAブーム経て見えてきた、3つのフェーズのそれぞれの課題
・現場任せの“つぎはぎRPA”で全社展開に苦戦。いかにして、ロボット開発期間「3日から数時間」・アクション数「300超えから50」を実現した?
・RPA製品の選定ポイント。導入前にチェックしたい、ロボットの安定性に差が出る機能

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!