開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ウイングアーク1st株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/07/04

“対応必須”の電帳法&インボイス制度 、「帳票の特性」「デジタル化」で解決する方法とは

DXに取り組む企業の中から、営業やマーケティング、研究開発などで成果を出す部門・業務も出てきた。しかし、経理や法務など、事務作業中心のバックオフィス領域においては、デジタル活用が遅れているケースも見られる。テレワークが推進されていたとしても、取引先などの相手が存在するため、郵送やFAX・押印の要素をなかなか拭えないからだ。一方で、政府が電子化を進めている状況もあり、今こそ大きく変革しなければならない時期といえる。

photo
「あらゆる文書をデータ化」することにより、電帳法、インボイス制度対応する方法とは
(Photo/Getty Images)

電帳法やインボイス制度への対応を考えれば、2022年は今すぐ動くべき時

 「バックオフィスのデジタル化」へのプレッシャーは日に日に増している。国から企業に業務の電子化が求められているためだ。

 既報のスケジュールから2年の延長はあったものの、2023年には電子帳簿保存法(電帳法)が、同時期にはインボイス制度(請求書に対して、発行事業者番号、適応税率などの情報記載が必要となる。2023年施行予定)への対応も始まる予定だ。現時点でこれまで通り、郵送やFAX、判子について未対応なら、すぐにでも動かないと間に合わない可能性もある。

 なぜバックオフィスのデジタル化が進まないのか。理由の1つに、「人の手は使っているが、それでも業務は問題なく回っている。新たな手間や費用をかけてデジタル化するのは面倒」という考えがある。問題がないので変える必要性は低いというわけだ。

 しかし紙の資料で業務をするには保管や管理が必要であり、ファイリングする工数や、保管場所などのコスト負担は必須である。監査の際にも、書類を探すのが困難になったり、過去の書類をすぐに発見できなかったりと、利便性の低さは否定できない。

 では、どうするべきか? 法制度への対応だけでなく、日本企業が利用している帳票の特性を考慮しつつ、バックオフィス業務のデジタル化を実現する方法がある。鍵となるのは「企業間のあらゆる文書をデータ化すること」だった──。

この記事の続き >>
・商取引に欠かせない「伝票・取引・契約」の電子化とは
・データ連携可能なPDF文書による帳票で、関連取引をすばやく確認
・自社・取引先ともに負担を少なく業務効率を大きく改善
・手作業や印刷・封入・郵送コストを大きく削減した事例とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!