開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ヴィーム・ソフトウェア株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/07/25

これまでのバックアップは通用しない? 近鉄Gらが導入する「データ保護」の最適解

クラウド利用の拡大とともに運用するデータ量が大幅に増える一方、ランサムウェアや自然災害など、データを守るために対策すべき要素が山積している。データを取り巻くあらゆる環境は迅速なスピードで変化しており、これまでのデータ管理・保護の手法が通用しなくなってきている。これからは環境変化に対応できる柔軟性を備えた方法で、管理・保護する必要がある。ではどのようにデータの管理・保護を行うべきなのか、近鉄グループホールディングスなどの実例を交えながら解説していく。

photo
柔軟性を高く、かつ安全にデータを管理・保護するにはどうすべきなのか
(Photo/Getty Images)

変わりまくる「バックアップ環境」にどう対応?

 クラウド利用の拡大をはじめITインフラ環境が大きく変わったことで、データ管理のあり方は大幅に変化している。これに加えてランサムウェアの高度化・巧妙化が進行している昨今の状況を考えると、データ保護の強化も早急に対応すべき課題と言えるだろう。また自然災害でITインフラが機能しなくなる事態を想定して、何重ものデータ保護手段を準備する必要もある。

 データ管理・保護を考える上で、大きなポイントになるのはバックアップである。このバックアップが不十分だったある企業は、ランサムウェアに感染しデータが暗号化されたことで、長期間の業務停止に追い込まれた。万が一の事態から迅速に復旧するためにも、データを安全に保つことがより重要になっている。

 さらに、既存のバックアップでは対応しきれない事態も増えている。バックアップデータもランサムウェアに感染してしまい、それに気づかずにデータを復元した結果、システム内部に侵入されてしまったというケースも出てきているのだ。

 データ管理・保護を取り巻く環境は日々変化しているため、将来的な環境変化に対応できる柔軟性や自由度の高さが求められる。ではこれらの状況をクリアしながら適切にデータを管理・保護するにはどうすれば良いのか。ここからはデータ管理・保護のあり方について、バックアップの方法と導入事例を交えながら解説していく。

この記事の続き >>
・エラー率はまさかの37%…これまでのバックアップが通用しないワケ
・連続攻撃するランサムウェアからデータを守る、これだけの方法
・近鉄Gの事例:データのサイロ化とばらばらなバックアップ運用を解消

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!