ようこそゲストさん

ヴィーム・ソフトウェア株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/07/25 掲載

これまでのバックアップは通用しない? 近鉄Gらが導入する「データ保護」の最適解

記事をお気に入りリストに登録することができます。
クラウド利用の拡大とともに運用するデータ量が大幅に増える一方、ランサムウェアや自然災害など、データを守るために対策すべき要素が山積している。データを取り巻くあらゆる環境は迅速なスピードで変化しており、これまでのデータ管理・保護の手法が通用しなくなってきている。これからは環境変化に対応できる柔軟性を備えた方法で、管理・保護する必要がある。ではどのようにデータの管理・保護を行うべきなのか、近鉄グループホールディングスなどの実例を交えながら解説していく。

photo
柔軟性を高く、かつ安全にデータを管理・保護するにはどうすべきなのか
(Photo/Getty Images)

変わりまくる「バックアップ環境」にどう対応?

 クラウド利用の拡大をはじめITインフラ環境が大きく変わったことで、データ管理のあり方は大幅に変化している。これに加えてランサムウェアの高度化・巧妙化が進行している昨今の状況を考えると、データ保護の強化も早急に対応すべき課題と言えるだろう。また自然災害でITインフラが機能しなくなる事態を想定して、何重ものデータ保護手段を準備する必要もある。

 データ管理・保護を考える上で、大きなポイントになるのはバックアップである。このバックアップが不十分だったある企業は、ランサムウェアに感染しデータが暗号化されたことで、長期間の業務停止に追い込まれた。万が一の事態から迅速に復旧するためにも、データを安全に保つことがより重要になっている。

 さらに、既存のバックアップでは対応しきれない事態も増えている。バックアップデータもランサムウェアに感染してしまい、それに気づかずにデータを復元した結果、システム内部に侵入されてしまったというケースも出てきているのだ。

 データ管理・保護を取り巻く環境は日々変化しているため、将来的な環境変化に対応できる柔軟性や自由度の高さが求められる。ではこれらの状況をクリアしながら適切にデータを管理・保護するにはどうすれば良いのか。ここからはデータ管理・保護のあり方について、バックアップの方法と導入事例を交えながら解説していく。

この記事の続き >>
・エラー率はまさかの37%…これまでのバックアップが通用しないワケ
・連続攻撃するランサムウェアからデータを守る、これだけの方法
・近鉄Gの事例:データのサイロ化とばらばらなバックアップ運用を解消

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます