開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

AvePoint Japan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/07/25

M&Aが台無しになる? Microsoft 365 導入企業がやりがちな「テナント統合」の失敗例

企業のM&Aやグループ企業の統合が増えている。背景にはコロナ禍をきっかけとする事業ポートフォリオの見直しや、経営者の高齢化、人材難があるとされる。ただし、企業の統合は容易ではない。理由はさまざまあるが、ここでは特に統合の成否を大きく左右するコラボレーションツールの統合、特に「Microsoft 365」の問題を取り上げたい。なぜ企業統合にとってMicrosoft 365をはじめとしたデジタルワークスペースの統合が重要になるのか、事例も交えながら解説する。

photo
M&Aやグループ企業統合の成否の鍵は「Microsoft 365」が握っている
(Photo/Getty Images)

M&Aやグループ企業統合の成功に必要な要素とは?

 コロナ禍の影響で、M&Aやグループ企業の統合が増加している。その背景には、経営環境の急激な変化に対応するため、事業ポートフォリオを見直す動きがある。特に海外ではこの傾向が顕著だ。加えて国内では、経営者の高齢化や人材難も企業統合を後押しする要因となっている。

 ただし、異なる企業の統合は容易ではない。ある調査によれば、M&Aの7~9割は失敗するというデータもあるほどだ。原因は大きく3つ考えられる。

 1つはシナジーへの過大評価だ。買う側も買われる側も、M&Aによって1プラス1以上の価値が生まれることを期待するが、現実には期待したシナジーが得られるケースは少ない。2つ目はカルチャーの違いの過小評価だ。企業文化の違いは、予想以上に統合の障壁となる。3つ目は、上記2つの事前評価が難しいことだ。特にM&A前に実施されるデューデリジェンスが不十分もしくは性急すぎて十分な情報がないまま統合を進めると、失敗の確率が高まってしまう。

 そうは言っても、M&Aが重要であることは変わりない。経営戦略を統合し、異なるプロセスやシステムを統合し、さらに人を統合することに成功すれば、企業は大きく飛躍できる。ただし、そこで重要になるポイントが「統合のスピード」だ。そもそもM&Aは時間を買う戦略だ。したがって、統合に時間がかかってしまってはM&Aの価値が薄れてしまう。そして、その統合のスピードを大きく左右するが、Microsoft 365のテナント統合である。統合によるシナジーを生むために、なぜMicrosoft 365のテナント統合が重要になるのか。

この記事の続き >>
・なぜ「Microsoft 365」が企業統合を成功に導く鍵なのか
・経営統合のシナジーが丸つぶれ? 陥りがちなMicrosoft 365のテナント統合
・なぜ、花王は複雑すぎるTeamsの権限管理をスッキリ効率化できた?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!