開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Arcserve Japan(旧日本CA) ソフトバンク コマース&サービス株式会社、ソフトバンク・テクノロジー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2014/10/06
 【物語で理解】サーバ仮想化急増で大混乱!物理・仮想混在環境をまとめてバックアップ

中堅生命保険会社のサムライ保険。最近は、オンラインで購入できる20~30代向けの廉価でシンプルな商品を開発・提供し、順調に業績を伸ばしている。低価格商品を実現できた大きな理由は、IT化による徹底したコスト削減だ。特にVMwareによるサーバ仮想化にはいち早く着手し、今はHyper-Vも活用することで、数百台あった物理サーバを10台にまで集約。ハードウェアの保守・運用コスト、空調や設置スペースなどのファシリティコストを大幅に削減することに成功した。しかし、急速な仮想化は歪みももたらした。その1つが、物理・仮想の混在環境におけるバックアップだ。

登場人物

サーバ仮想化による混在環境が招いたバックアップの課題

【山形】こんにちは~。ABシステム&サービスの山形です。サーバ仮想化のときは、お世話になりました。その後、Hyper-V環境は問題なく稼働してらっしゃいますか?

【鈴木】山形さん、こんにちは。Hyper-V、快調ですよ。ずっとVMware一本だった当社に、情報系システムならコストメリットを考えてHyper-Vがいいですよ、というご提案をありがとうございました。おかげさまで、今はVMwareとHyper-Vのいいとこ取りのシステムが構築できたと感謝しています。ただ……。

photo
【山形】どうかされました?

【鈴木】ええ、実は、仮想化基盤のバックアップの運用負荷が、予想以上に大きいのです。現在、一部のシステムは物理サーバで動かして、あとは10台の仮想化基盤上で仮想マシンを動かしているのですが、仮想マシンが200台を超えてきていて、そのバックアップが面倒で……。今のやり方だと、VMwareとHyper-Vの仮想マシンそれぞれに別々のエージェントを入れなければならず、作業が追いつかないんですよ。それにエージェントを入れるとリソースも圧迫するし、本当は入れたくないんですよね。

【山形】なるほど……。

【鈴木】他にも、仮想化していない物理サーバだけバックアップの方法が違っていたり、そもそもバックアップのデータが大きすぎて処理が終わらず、私の一日はバックアップだけで過ぎていったりする状態でして……。山形さん、何かいい方法はないでしょうか?

【山形】そういうことだったらお力になれるかもしれませんね~。

【鈴木】ほんとですか!?

ページ上部へ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!