開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

有限責任監査法人トーマツ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/01/28
 板倉陽一郎弁護士が指南、「改正個人情報保護法」施行前に行うべき8つの準備事項

2015年9月、改正個人情報保護法が成立、公布された。その背景には大きく3つの目的がある。ビッグデータおよびパーソナルデータの利活用を促進すること、欧州の十分性認定に対応すること、そして名簿事業者への規制を強めることだ。全面施行が予定されているのは2017年で、実質的に残り1年弱の猶予期間しかない。ひかり総合法律事務所の板倉陽一郎 弁護士は「これから事業者は、8つのポイントに留意して対応準備を進めていく必要がある」と指摘する。

photo
ひかり総合法律事務所
弁護士 板倉 陽一郎 氏

改正個人情報保護法でいったい何が変わったのか

 デロイトトーマツサイバーセキュリティ先端研究所主催の第5回サイバーセキュリティセミナー「改正個人情報保護法のポイントと対応」で登壇した板倉氏は、事業者が法令対応として準備すべき1つめの事項として、「まず個人情報の定義を、改めてきちんと理解しておく必要がある」と強調した。

「改正個人情報保護法でも個人情報に含まれるものはこれまでと変わらない。ただし、より“明確化”された。つまり今までも個人情報の中には含まれていたが、そうしたものを今回明らかにしたということ」

画像
個人情報保護法の改正のポイント
(出典:個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律案概要資料(内閣官房作成)、板倉陽一郎弁護士 講演資料(同氏により加筆))


この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!