開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社 netXデータセンター事業本部 セキュリティサービス部提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/05/30
 手嶋龍一氏xSCSK 神園氏対談:サイバー戦争時代に求められる「インテリジェンス」とは

「いま、安全保障の分野では2つのスペースが主戦場になっています。1つはスペース(宇宙)で、もう1つがサイバースペースです」と語るのは、外交ジャーナリストとして活躍する手嶋龍一氏だ。さらに「明確な敵が見えづらい時代だからこそ、己の弱点を知ることが重要です」とも述べる。サイバー戦争時代に企業に求められる「インテリジェンス」とはいったい何なのか。インテリジェンスの第一人者である手嶋氏と企業の情報セキュリティに詳しいSCSK 神園武宏氏に語り合ってもらった。

「Intelligence」の訳語を持っていないことがハンディキャップ

神園氏:第一人者である手嶋さんに改めてお聞きするのは恐縮ですが、「インテリジェンス」とはどのようなものでしょうか。

手嶋氏:「インテリジェンス」とは、国家の安全保障の分野で使われてきた言葉です。膨大な情報(Information)を分析し、検証し、より本質的で重要な情報をつかみ出す。それは、私がいうところの「ダイヤモンドの原石」にあたりますが、原石だと思っても、中には人工ダイヤやガラスも混じっています。そこからより質の高い原石を選び出し、さらに研磨してようやくダイヤモンドになります。その最後の一滴が「インテリジェンス」なのです。

 ところが日本には、「Intelligence」という英語に対応する訳語がありません。このため、各業界の皆さんは、それぞれの業界の土地勘に頼って使っているのだと思いますが、その点で、日本企業は、欧米の企業に比べて圧倒的なハンディキャップを負っていると思います。単に訳語がないから不便ということではなく、もっと本質的な問題、つまり、意思決定が遅れてしまうという問題があるのです。

神園氏:IT業界の中でも、一部のセキュリティに携わる人たちが使いはじめていますが、まだ一般的とはいえません。我々は、企業内の膨大なデータのうち、情報漏えいをはじめとするサイバー犯罪に対処するために有用な情報のことを「インテリジェンス」と呼んでいます。

 おそらく、日本企業は「インテリジェンス」にまだ慣れ親しんではいないのではないでしょうか。

手嶋氏:2013年12月、我が国でも国家安全保障会議(NSC:National Security Council)が設立されました。そこでは、インフォメーションもインテリジェンスも集約するといっていますが、日本にはインフォメーションの収集部隊すらおらず、まだまだ未成熟です。インテリジェンスの先進国からすると、日本の現状はいまだ縄文、弥生時代と言っても過言ではありません。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!