開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ポリコムジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/05/31
 マイクロソフト×ポリコム:なぜ今後、人のコミュニケーションがさらに重要になるのか

今や、猫も杓子も「働き方改革」だ。しかし、この盛り上がりもいずれは沈静化する。そのとき、本当の「働き方改革」に取り組んだ企業だけが、その果実を得ることになるのだろう。長年、協業を組んできたマイクロソフトとポリコムは、本来の目的を見失いつつある今の「働き方改革」に警鐘を鳴らす。そして、「真の働き方改革」の実現には、両社が提案する最新のソリューションが有効だと主張する。その詳細をご紹介しよう。

「働き方改革」の本質は「生産性」を向上すること

 政府の後押しもあり、いまや日本中が「働き方改革」に取り組んでいる。それは決して悪いことではないが、本来の目的が見失われているのではないか、と思われるケースも少なくないようだ。

 「働き方改革」が叫ばれる以前から働き方の変革に積極的に取り組んできた日本マイクロソフトのOfficeビジネス本部 シニアビジネスディベロップメントマネージャー 黄瀬隆律 氏は、最近の傾向を次のように説明する。

photo
日本マイクロソフト
Officeビジネス本部
シニアビジネスディベロップメントマネージャー
黄瀬 隆律 氏

「特に最近は、残業時間ゼロを強調される企業が増えています。しかし、残業時間の削減は、働き方改革の目的ではありません。我々は、働き方改革の本来の目的は、意思決定を迅速化し、企業経営のスピードを上げて、生産性を向上させることであり、それによってビジネスを成長させることにあると考えています」(黄瀬氏)

 少子高齢化が進み、労働人口が減少する中、一人一人の従業員の生産性を上げなければ、企業はいずれ立ち行かなくなる。その危機感こそが「働き方改革」の背景にあり、そこからさまざまな取り組みが生まれなければならない。

 会議の改革もその1つだ。企業におけるビデオ会議システムの分野を切り開き、業界のリーダーでもあるポリコムジャパン パートナー営業部 事業開発マネージャー 加藤昭彦 氏は、最近の企業の変化を次のように語る。

「我々は会議室で利用するビデオ会議システムを提供していますが、最近は会議室に縛られることなく、時間と距離を縮めるためのソリューションを求められるお客さまが増えていると感じます」(加藤氏)

画像
ポリコムジャパン
パートナー営業部
事業開発マネージャー
加藤 昭彦 氏

 マイクロソフトの黄瀬氏も、会議を変革する重要性について、次のように述べる。

「先ほど、働き方改革の目的は意思決定の迅速化だと説明しましたが、では意思決定はいかにして生まれるかといえば、コミュニケーションから生まれます。会社の意思決定、コミュニケーションは、イコール会議なのです」(黄瀬氏)

この記事の続き >>
・マイクロソフトとポリコムの協業が持つ意味とは?
・協業により生まれた2つの新ソリューション
・「ユニファイドコミュニケーション」から「インテリジェントコミュニケーション」へ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!