開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社クニエ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/01/11
 SAP福田社長xクニエ細谷氏対談:全産業デジタル化時代、競争に勝つIT戦略とは?

今やあらゆる産業がデジタル化の波に飲み込まれつつある。その結果、業種や業界の垣根は破壊され、これまで交わることのなかった異業種のプレーヤーたちが、互いにしのぎを削る世界が到来しつつある。そこで求められる「競争に勝ち残るために必要なIT戦略」とは何か。SAPジャパン 代表取締役社長の福田譲 氏とNTTデータグループのビジネスコンサルティングファームであるクニエで、シニアマネージングディレクターを務める細谷修平 氏が話し合った。

産業のデジタル化がビジネスに与えたインパクト

──昨今の産業のデジタル化の動きについて、どのように見ているかお聞かせください。

福田氏:まず、従来の業種の定義そのものが変わりつつあります。アマゾンを考えると分かりやすいでしょう。もともとはネットの本屋でしたが、今ではあらゆる商品を扱っています。さらに、クラウドサービスも提供していますし、映画や音楽などもネット配信しています。

 弊社のビジネスでも同様の動きが起きています。ある百貨店のお客さまが、弊社の生産管理システムを導入されました。自らモノを生産して販売するモデルに変革されようとしています。逆に製造業のお客さまが、弊社の流通業向けシステムを導入されるケースも増えています。

 このように、デジタルの力によって、従来不可能だったことが可能になっているのが、現在起きている変化です。その文脈で日本を見るならば、決して動きが速いとはいえません。ただ、変化への認識は順調に広がり、一部の先進企業は、従来の常識にとらわれない行動を開始しています。まさに今は「ドアが開いた」段階だと感じます。

画像
SAPジャパン 代表取締役社長 福田譲 氏
細谷氏:業種の垣根がなくなっていく中で、多くの経営者は、ITを活用して新たなビジネスモデルや新しい収益源の確保を模索されています。ただ、現時点では、ITの活用がゴールになっているケースが多いように思います。より重要なことは、自らが持っているデータやプロセスなどの資産を活かしながら、自社の強みを発揮できる新たなビジネスをいかにしてデザインしていくのか、という視点でのビジネスモデルの立案だと考えています。

──そこはまさに、日本企業が直面している課題だと思いますが、その課題の本質は何だとお考えでしょうか。

福田氏:ITの役割が変わったことでしょう。従来、ITは自動化や省力化の武器であり、ビジネスを支える裏方でした。しかし、現在はITが表舞台に登場しつつあります。ITはビジネスそのものであり、企業の競争力、差別化の源泉そのものになりつつあるのです。

細谷氏:一方で「ITを使って新しいビジネスモデルを作りましょう」「新しいサービスをデザインしましょう」といっても、IT部門が今すぐできるかというとなかなか難しいのが現実です。そのためには、マネジメント層のサポートや部門の垣根を越えた業務部門の協力など、IT部門の取り組みが組織内でオーソライズ(公認)されなければなりません。

 その中で重要なのが「顧客の定義」です。これまでIT部門にとっての顧客は営業や生産、購買といった社内のユーザー部門といっても過言ではありませんでした。しかし新しいビジネスを始めるとき、ITを用いて訴求すべき人、顧客が変わってくるという視点を持つ必要があるのです。海外ではすでに、CDO(Chief Digital Officer)のようにITとビジネスの両方を視野に入れながら付加価値を作り上げるというミッションを持つ人が多く、日本でもこの視点がより重要になります。



画像
クニエ シニアマネージングディレクター 細谷修平 氏
この記事の続き >>
・新しいチャレンジを次のステップにつなげるには
・求められる「攻め」と「守り」のバランス変更
・日本発のグローバルコンサルティングファームとしての強み
・基幹システムのシンプル化がデータドリブンな経営に不可欠

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!