開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社サテライトオフィス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/01/10
 働き方改革は「出直し」のフェーズに!「5つの事例」で立て直し方をマスターせよ

いまや企業にとって、働き方改革は解決すべき重要課題の1つになっている。リクルート リクルートワークス研究所 人事研究センター長 / Works編集長 / 主幹研究員 石原 直子氏は、働き方改革を加速させるためには「非テクノロジーとテクノロジーの両面からのアプローチが必要だ」と述べる。同氏が現状の問題点や改革推進に必要なポイントについて、具体的な事例を示しながら解説した。

政府主導の働き方改革から見えてきた問題点

 2017年に雇用に関わる多種多様な課題を盛り込んだ「働き方改革実行計画」が提出され、それを受け、2018年の夏に「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が可決、労働契約法や労働安全衛生法、パートタイマ-法などが改正された。

 政府はまず長時間労働の削減に着手し、最近ではリモートワークやモバイルワークなども含め、働く場所や時間の柔軟性を高めようと積極的だ。フリーランスや女性、若者、外国人、高齢者の労働環境づくりや、副業の解禁、病気治療や子育て、介護と仕事との両立などに対する取り組みも広がっている。

 先ごろ開催されたビジネスセミナー「スマホ・SNS時代の働き方を変えるセキュアなコラボレーションとは」の基調講演に立った石原氏は、長時間労働の是正と、多様で柔軟な働き方を実現するためになすべきことを整理した。

 デロイト・トーマツ・コンサルティングの調査によれば、2017年時点で働き方改革に取り組む企業は約7割と、かなり高い割合になっている。5年前が3割程度だったことを考えると、企業の関心もかなり高くなったといえるだろう。

 一方で、現状の働き方改革には「出直し」が求められるような問題点も浮かび上がっている。

この記事の続き >>
・従業員の4割弱しか働き方改革に満足していない
・働き方改革には出直しが必要
・5つの「出直し事例」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!