開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ジャストシステム、FPTジャパンホールディングス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/08/07
 「御社のデータ活用」が一向に進まないワケ、価値を出すために必要な手順とは

あらゆるビジネスにデジタル変革が必要である昨今、データを自社の武器に変えられているだろうか。なかなか成果が得られていないとしたらそれは、「データ活用に求められるリテラシー」が足りていないからかもしれない。データ分析を武器に、数々のビジネス課題解決してきたデータ&ストーリーLLCの代表を務める柏木吉基氏の考えから「データで成果を得るために必要なリテラシー」を学ぼう。

元日産のビジネス改革マネージャーが語る「データ分析」

 データ&ストーリーLLCの代表を務める柏木吉基氏は、数多くの大手企業や自治体に対して「データ分析を武器にしたビジネス課題解決家」として、企業研修やトレーニング、コンサルティングなどのサービスを提供する傍ら、多摩大学大学院のビジネススクールと横浜国立大で教壇に立っている。

 同氏がクライアントに対して提供するのは、データ分析の専門家やデータサイエンティストを育成するプログラムではない。むしろ、データ分析が専門ではない立場のビジネスパーソンが、普段の仕事の中でデータを生かすための方法をレクチャーしている。

 これまで実に多くのビジネスパーソンや学生に対してデータ分析のノウハウを伝授してきたが、大抵の人はデータ分析に対して誤解や過剰な期待を抱いているという。

「既存のデータに対してツールを適用するだけで、あれよあれよという間に新たな発見が得られるという幻想を抱いている方が多いようです。残念ながらそれは夢物語であり、現実には決して起こり得ません。私の研修は、まずはこの誤解を解くところから始まります」(柏木氏)

 こうした誤解を抱く人は大抵の場合、データ活用のために統計学を学んだり、さまざまなデータ分析手法を勉強したりするが、結果的にグラフが量産されるだけで、データの活用には程遠いところで行き詰るという。これは何もデータが悪いわけでもなく、使用した分析ツールが悪いわけでもなく、分析者の知識に問題があるわけでもない。思うような結果が得られない最大の理由は、「アプローチが間違っているから」だと柏木氏は指摘する。

「まずは、何のためにデータを使うのかという『目的・問題』を明らかにする。次に、その目的を果たすためには『どんなデータ』を使えばいいかをしっかり吟味する。その上で、それらのデータを『どう見るのか』を検討する。実際にデータやツールをいじる前に、まずはこの3つの手順をしっかり踏むことが大事です。逆に言えば、この3つさえきちんとできれば、後はツールに任せるだけですから、データ分析の作業はもう9割方終わったようなものです」(柏木氏)

photo
データ&ストーリーLLC 代表 
多摩大大学院客員教授、横浜国立大学非常勤講師
柏木吉基氏

慶応義塾大学理工学部卒業後、日立製作所入社。在職中に欧米両方のビジネススクールにて学び、2003年MBAを取得。Academic Award受賞。2004年日産自動車へ転職。海外マーケティング&セールス部門、ビジネス改革グループマネージャ等を歴任。グローバル組織の中で、数々の経営課題の解決、ビジネス改革プロジェクトのパイロットを務める。(日産課題解決V-Expert資格)2014年データ&ストーリーとして独立誰もが日常業務で自律的に考え、成果を出すための思考法、分析力を分かり易く伝えた著書や講義には高い定評がある。著書に『それちょっと、数字で説明してくれる?と言われて困らない できる人のデータ』(SBクリエイティブ)、『日産で学んだ 世界で活躍するためのデータ分析の教科書』(日経BP)など。

 しかし残念ながら、これらの実務を正しく行うためのリテラシーとスキルを持った人は極めて少ないのが実情だという。そのため、どれだけ統計学を一生懸命勉強しても、あるいはどんなに素晴らしい分析ツールを導入しても、「目の前にあるデータから何かしらのパターンを読み出すこと」はできるかもしれないが、結局はそこから何ら価値ある成果が得られないケースが実に多く見られる。では、実際にこの3つの手順をどのように進めていけばいいのだろうか?

この記事の続き >>
・入口で間違うと後のステップがすべて無駄に
・「馴染みのある」データを採用してはならない
・データ分析を目的にしないために

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!