開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ミロク情報サービス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/10/30
 課題の見つけ方がわからないなら、「働き方改革」で課題を発見すればいい

デジタルテクノロジーの進化により、さまざまなITサービス・製品が登場している。こうした新しいITに関心を示し、導入に前向きな企業も多い。中堅・中小企業も例外ではない。しかし、自社にどんなITが必要なのか、どの課題を解決すればいいのか、そもそも課題が何なのかわからない企業も多い。長年、中堅・中小企業のIT動向を調査してきたノークリサーチのシニアアナリスト 岩上由高氏に、中堅・中小企業の最新の動向と「自社にとって最適なIT」を見つける方法を聞いた。

高まるIT導入への関心、しかし「模範解答」がない状態

 ノークリサーチでは、中堅・中小企業を対象に、新たなIT活用において提案や計画を担う人材が誰なのかを調査した。その結果、2018年から2019年にかけて、経営層の関与が49%から56.7%に増加していたことがわかった。

決裁権限を持つ経営層の関与が、わずか1年間でこれだけ増えたのは、中堅・中小企業のIT導入への意欲が、それだけ高まっていることを示しています」(岩上氏)

画像
新たなIT活用において提案/計画を担う人材

 ただし、すでにPCやネットワーク、WordやExcelなどのビジネスアプリケーション、会計など、現行のビジネスを回すシステムは、中堅・中小企業にも行き渡っている。いま、中堅・中小企業がIT導入に関心を示しているのは、新しいテクノロジーで既存ビジネスを強化したり、これまでは解決困難だった課題を解決できたりする可能性があるからだ。

 だが、「自社ビジネスを強化できる製品は何か」「自社の課題は何で、それをどの製品で解決できるのか」を見極めることは簡単ではない。そこでコンサルタントを利用するという手もあるが、そもそもコンサルタントの提案に投資対効果があるのかわからないなかで相談をもちかけるのは難しい。

 IT投資への意欲は高まっているが、模範解答がないため立ち止まっている……。現在はそうした状態に近い。そこで、岩上氏は「残業時間の規制や有給休暇の取得義務が定められた『働き方改革法』を、必要なITを見つけるきっかけにすることをお勧めします」と提案する。それは、具体的にどういうことだろうか。

この記事の続き >>
・自社の課題がわからなければ、社内SNSがヒントになる
・RPAは「人減らし」ではなく「人助け」のツール
・AIやIoTやウェアラブルにも、中堅・中小企業ならではのさまざまな活用の可能性

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!