開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社QTnet提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/04/10
 【事例】「絶対サイトを落とせない」バンダイスピリッツが選んだBCP/DR対策

ハイターゲット向けのキャラクター製品などの企画・開発・製造・販売を中核事業とするBANDAI SPIRITS(以下、バンダイスピリッツ)は、バンダイナムコグループの企業である。バンダイ公式のショッピングサイト『プレミアムバンダイ』の運営も、同社の重要な事業の1つだ。2019年に10周年を迎えた『プレミアムバンダイ』は、規模も売上も急激に拡大し、グループ内での存在感を高めていた。そこで問題となったのが、バックアップだ。自然災害などの万が一の事態に備え、遠隔地への本格的なバックアップが検討されたのである。

重要性を増した『プレミアムバンダイ』を落とさないために

 バンダイスピリッツは、「ハイターゲット」と呼ばれる15歳以上のユーザー向けのキャラクター製品などの企画・開発・製造・販売を展開しているバンダイナムコグループの企業だ。フィギュアやロボットなどのコレクター向け事業、プラモデルを展開するホビー事業などさまざまな事業を展開しているが、バンダイ公式のショッピングサイト『プレミアムバンダイ』の運営も、重要な事業の1つである。

画像
10周年を迎えたECサイト『プレミアムバンダイ』

 特に2019年は、『プレミアムバンダイ』の誕生から10周年を迎え、さまざまなイベントを企画・実施してきた。扱う商品数も24,000点を超え、バンダイナムコグループで最も規模の大きいECサイトとして、その存在感を高めている。

 そこで課題となってきたのが、災害対策(DR)/事業継続計画(BCP)だ。ネット戦略室 デピュティゼネラルマネージャー 兼 ECプラットフォームチーム マネージャー 田口 剛氏は、次のように説明する。

「『プレミアムバンダイ』は誕生から10年をかけて成長し、万が一、この事業に問題が発生したら会社の売上に大きなインパクトを与えるほど、そのプレゼンスが上がってきました。また、数や販売時期が限られた限定商品を扱っているため、もしもシステムが止まったら、商品を購入されたいお客さまに多大なご迷惑をおかけしてしまいます。こうした意味で、『絶対に落としてはいけない』という緊張感を持って運営しています」(田口氏)

photo
BANDAI SPIRITS
ネット戦略室 デピュティゼネラルマネージャー 兼
ECプラットフォームチーム マネージャー
田口 剛氏

 『プレミアムバンダイ』は、関東のデータセンターに設置されたオンプレミスのシステムで運営されている。もちろん、これまでもデータを別ストレージにバックアップするなど最低限の対策は実施していたが、バックアップデータを遠隔地に保存するまでの措置はとっていなかった。

「しかしそれでは、万が一、データセンターが被害を受けたとき、バックアップデータも被害を受けてしまいます。そこで遠隔地、できれば本州以外を前提に、DRサイトとして新たなデータセンターを探すことになったのです」(田口氏)

この記事の続き >>
・地震・津波が少なく、アクセスの利便性で選定された場所は?
・パブリッククラウドを検討するも、結局「候補から外した」理由
・毎日600GB超のデータバックアップ環境を、当初予算の“6割”で実現
・データセンター移設時の「一次退避場所」としても大きく貢献

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!