開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ブロードバンドタワー、日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/28
 “疎”や“密”を超越せよ 東北大 田中陽一郎教授に聞く「ニューノーマル」のストレージ

新型コロナウイルスは、我々のコミュニケーションの基盤を揺さぶった。そして今は、以前の世界には戻れないという前提で、多くの領域で「ニューノーマル」の新たな仕組みや価値観が模索されている。では、ニューノーマル社会を支える情報ストレージプラットフォームは、どう変わるべきなのか。東北大学 電気通信研究所 ブロードバンド工学研究部門 教授 田中 陽一郎氏が、そのあるべき姿を解説する。

ニューノーマル社会が目指すべきは、情報の蓄積・活用による「質」の追求

 新型コロナウイルスの世界的流行は、これまで我々が当たり前だと思っていたコミュニケーションの在り方を、根底から揺さぶった。東北大学 教授の田中 陽一郎氏は、「新型コロナウイルスによって、我々の“弱点”が見事にさらけ出されました」と、次のように述べる。

「我々の社会は、人と人が密にコミュニケーションをとることで成立していました。“密”とは、いわば社会のエネルギーの元だったのです。ところが、新型コロナウイルスによって人と人のつながりが分断されたことで、社会が止まってしまいました。したがって、これからのニューノーマル社会では、“疎”や“密”を超越した柔軟で強靱(きょうじん)な情報流通と、それをシェアする仕組みを強化することが求められます」(田中氏)

photo
東北大学
電気通信研究所 ブロードバンド工学研究部門 教授
田中 陽一郎 氏

 そのために必要となるのが情報の蓄積と活用だ。情報を蓄積し、デジタルディバイド(情報格差)を解消してすべての人が情報にアクセス・活用できる環境を構築することで、「社会の質」を向上させなければならない。

「情報とは、人類のこれまでの活動から得られた英知の集積です。その英知を蓄積する情報基盤を構築し、それを使いこなして社会の質の向上に貢献することを、我々はこのタイミングで考えるべきです」(田中氏)

 そして、情報の蓄積に不可欠なのがストレージだ。

この記事の続き >>
・東北大学の8000科目の講義はいかにしてオンライン化されたのか?
・数字や記号の「データ」から、人にとって価値のある「情報」へ
・目指すは巨大データに対応し、強力なコンピューティング機能を有する「コンピュテーショナル・ストレージ」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!