HENNGE株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/02/01 掲載

毎月120万件の不正アクセス被害も……ヤバすぎる「クラウドサービス利用」の弊害

記事をお気に入りリストに登録することができます。
テレワークを採用する企業が増えるにつれて、クラウドサービスの利用が拡大し、社外に端末を持ち運ぶ機会が増えるなど、企業の働く環境は大きく変化した。こうした中、安全性の高いとされていた社内ネットワークの外側から接続する機会が増えたことで、企業は堅牢なセキュリティを維持することが難しくなっているようだ。もはや従来の境界型防御モデルのセキュリティ対策では対応できず、新たなセキュリティ体制の構築が急務となっている。しかし、検討事項が多すぎるために、付け焼き刃の対応にとどまる企業は少なくない。

photo
クラウドサービス利用拡大につれて、セキュリティリスクが高まっている……
(Photo/Getty Images)

拡大するクラウドサービスの利用に潜むリスク

 新型コロナウイルスの流行によってテレワークの導入が増えたことに伴い、クラウドサービスの活用も普及している。総務省の発表によると、クラウドサービスの利用率が2018年は58.7%だったのに対し、2020年は68.7%と利用率が10ポイント増加していることが明らかになった。

 クラウドサービスを利用することで、テレワークをスムーズに進められることに加えて業務効率を大幅に向上させられるメリットがある。しかし、クラウドサービスの利用にはインターネットを経由するため、ユーザーIDやパスワードの流出、第三者の不正アクセスによる情報漏えいなどのリスクが付きまとう。

 実際に、被害が報告されているサイバー攻撃の中でも、下記の3つの手法が目立つようになってきているという。

(1)不正アクセスによる攻撃
(2)メールを経由した攻撃
(3)Webサイトを経由した攻撃

 これら増加傾向にあるサイバー攻撃の手法は、いずれも社外のネットワークを経由することに起因するリスクであり、従来型の境界線防御では防ぐことが難しいことが分かる。それでは、クラウドサービスの利用に付きまとうリスクを取り除き、増加傾向にあるサイバー攻撃の手法から自社を守るには、どのようなセキュリティ体制を構築すれば良いのだろうか。

この記事の続き >>
・毎月120万件の不正アクセスがある?クラウドサービスの弊害とは
・VPN設定はいらない? 安全に情報資産にアクセスできる理由
・攻撃の9割はメール経由? 超簡単に「脱PPAP」を実現する方法
・スッキリ・簡単にゼロトラスト環境を構築する手順

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます