Datadog Japan合同会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/03/23 掲載

【驚異】ドコモが「解決スピード10倍超」達成、「アジャイル&クラウド」の使い方

記事をお気に入りリストに登録することができます。
NTTドコモがAmazon Web Services(AWS)の本格的な利用を開始したのは2012年にさかのぼる。そこから、従来のウォーターフォール開発をアジャイル開発に、外部への開発委託を準内製に切り替え、約10年をへてほぼすべてのサービス系(SoE: System of Engagement)システムをクラウド移行することに成功する。同社のシステム開発、アプリケーション開発の体制や仕組みは、その間にどのように変遷したのか。同社 プロダクトデザイン部 部長 三井 力 氏が語った。
photo
NTTドコモの開発体制は「すべてクラウド」、10年で解決スピード1000倍を達成できたワケ
(Photo/Shutterstock.com)

オンプレからクラウドへ、約10年で劇的に変わったNTTドコモのサービス系システムの開発体制

 NTTドコモはさまざまなシステムを開発しているが、その開発手法、開発体制はここ10数年で大きく変化してきた。

 同社がAWSを本格的に利用開始した2012年当時、開発手法はウォーターフォール型、契約形態は外注(請負)がほとんどだったという。それが徐々にアジャイル開発、準内製が増えていった。そして、オンプレミスで稼働していたシステムはクラウドへの移行が進んだ。NTTドコモ プロダクトデザイン部 部長 三井 力 氏は、次のように説明する。

「オンプレからクラウドへの移行では、SIerとの請負契約を準内製に、オンプレミスをパブリッククラウドに、ウォーターフォール開発をアジャイル開発に変えました。また、組織についても、インフラ、業務アプリ開発、保守運用に分かれていた組織を1つにまとめました」(三井氏)

 こうして同社は、2022年6月までにそれまでオンプレで動いていた46システムを、すべてクラウド化することに成功する。

 このように、NTTドコモのシステム開発体制、手法は大きく変わった。そして、その成果は劇的なものだった。たとえば、インシデント解決スピードは10倍から1000倍になったという。

 次は、この変化によって同社が得た成果と、その変化を支えた環境や仕組み、ツールについて詳しく解説する。

画像
NTTドコモにおける2012年からのクラウド利用、開発手法、契約形態の変遷

この記事の続き >>
・開発スピードは4倍、故障発生回数3分の1以下、インシデント解決スピード1000倍を実現
・問い合わせや障害対応の削減、性能試験の効率化、サイレント故障の補足などを実現
・不具合の早期発見や品質監視が可能となり、人手による24時間365日の監視が不要に

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます