株式会社Box Japan 、 アステリア株式会社 、 フリーダム株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/09/01 掲載

SAP 2027年問題は「今が肝心」のワケ、悩める「クラウド移行」に失敗しないための勘所

記事をお気に入りリストに登録することができます。
SAP ERP 6.0(ECC 6.0)の標準サポートが2027年に終了し、延長保守料金を支払った企業は2030年に終了する。それまでに他のシステムへ移行するか、SAP ERPの最新バージョンであるSAP S/4HANAに移行しなければならない。いわゆる「SAP 2027年問題」だ。これを契機に、従来のオンプレミスからクラウド版であるSAP S/4HANA Cloudへの移行を検討する企業が増えている。だが移行には多くの課題があり、どう進めるべきか悩んでいる担当者も多い。そこで本稿では、スムーズに導入・移行を実現し、SAP2027年問題を乗り越えるための効果的な処方箋を紹介する。
photo
SAP2027年問題をどう乗り越えるべきか
(Photo/Shutterstock.com)

2030年でも安心できない? 知っておくべき「3つの背景」

 ECC 6.0のサポート期間は2025年、2027年、そして2030年と延長されてはいるが、実は今が肝心と言える。まだ猶予があると安心せず喫緊の重要な課題として捉えるべきなのだ。その背景は3つある。

 1つは「SAPコンサルタント不足」だ。日本市場では10万人のSAPコンサルタントが不足していると言われている。SAPのプロジェクトが長期化しており、多くのコンサルタントがその対応に追われているため、新規導入の支援に手が回らなくなっている。

 2つ目はオンプレミスからクラウドへの「移行の壁」だ。ECC 6.0はオンプレミス型だったが、移行先としてクラウド版であるSAP S/4HANA Cloudを選択した場合、データベースを含めて仕組みが大幅に変わってしまう。そのため、検証やデータの整理などに時間がかかるのだ。

 3つ目が「ビジネスプロセスの見直し」である。多くの企業がERP導入を機に業務を見直したいと考える。しかしSAP S/4HANA Cloudは、SaaSであるがゆえにカスタマイズ性に長けているわけではない。無理に自社の業務に合わせたシステム構築を行おうとすると、柔軟なデータ連携やスケールが期待できるクラウドの利点を損なう可能性がある。

 もっとも、課題を克服し、高いアジリティでSAP S/4HANA Cloud導入を成功させている企業も存在する。そこではどのようなアプローチが取られているのだろうか。

この記事の続き >>
・SAP 2027年問題を乗り越えるための「3つのポイント」
・SAP S/4HANA Cloudへの移行の「成功のカギ」
・SAP導入の「2つの成功事例」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます