デジタルアーツ株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/10/10 掲載

ChatGPT・Bard・Bingのメリット・デメリット、生成AI活用で「情報漏えい」の超リスク

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ChatGPTをはじめとする生成AI。その活用については、今まさに世界で議論がなされている。日本では政府が産業活用の支援を明言するなど環境整備が進む一方、規制の動きが強い米国などの海外では、「情報漏えい」といったリスクを懸念して主要企業が続々と業務利用を禁止している。日本企業も生成AIのリスクに適切に対応し、安全に活用することが求められる。では具体的にどのような対策が必要なのだろうか。
photo
生成AIを安全に活用するには
(Photo/Shutterstock.com)

パナソニックなど積極利用、「活用検討」企業はなんと52%

 生成AIは現在、日本国内においてどれくらい業務に利用されているのか。調査によると、2023年6月時点で、国内で生成AIを業務に活用している企業は9.1%だった。活用を検討している企業は52.0%で、うち14.2%はすでに具体的な検討に入っているという。

 企業での導入事例に目を向ければ、大和証券は全社員にChatGPTを導入して作業効率化を推進。サイバーエージェントは、デジタル広告のオペレーション作業時間を30%削減するとしている。またパナソニックは、ChatGPTを活用した独自のAIアシスタントサービス「PX-GPT」を全社展開中だ。鹿島建設も、自社専用の対話型AI「Kajima ChatAI」を構築している。

 一方で、海外に目を向けると、生成AIの利用禁止に踏み切る企業は少なくない。アマゾンでは、ChatGPTの回答例に自社の内部データと類似したものが発見されたことから、生成AIの業務利用を原則禁止とした。サムスンも、2023年4月にChatGPTへのソースコード流出が発覚したとして使用を禁止。バンク・オブ・アメリカは、内部通信に関するコンプライアンス対策の一環でChatGPTの利用を禁止している。

 生成AIのビジネス活用が秘めている可能性の大きさは、今や誰もが認めるところだ。しかし同時に、「情報漏えい」という致命的なリスクもはらんでいる。利活用に当たってはそれらを認識しつつ、リスク回避の適切な対策を講じていかねばならない。次章からは、その実践に必要なセキュリティ原則やツール活用について紹介していく。

この記事の続き >>

  • ・ChatGPT・Bard・Bingの「メリット・デメリット」と利用時の「4原則」
    ・生成AI活用に必須の「2つの対策」と「4つの機能」
    ・生成AIを会社の成長の「起爆剤」とするには?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます