レクシスネクシス・ジャパン株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/05/21 掲載

生成AIで激変、次世代法務に生まれ変わるための「4つの機能」とは?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
企業が法令や契約を遵守して事業を健全に運営する上で、法務部門は極めて重要な役割を果たしている。ただし、その業務プロセスの多くがアナログのままであるのも事実だ。この状態を放置したら、法務部門がビジネスの足を引っ張ることになりかねない。それを避け、企業価値向上に貢献できる法務部門となるためには、何が必要なのだろうか。
photo
アナログな法務部門が企業価値向上に貢献する戦略部門となるカギは「生成AI」にあり
(Photo/Shutterstock.com)

アナログな法務部門がビジネスの"足かせ"になる?

 企業の法務部門には、事業運営に伴って発生するさまざまな法的な課題に対応することが求められる。たとえば、「今回のキャンペーンが景品表示法に違反しないか調べてほしい」「新しく開発したスマホアプリの利用規約を作ってほしい」……など、さまざまな部門からの要求に適切かつ迅速に対応しなければならない。

 ただし、多くの場合、その業務プロセスはアナログだ。紙ベースでの契約書作成、手作業による判例調査など、効率的とはいえない作業が多いうえに、予算も人も限られているのが多くの企業の実態だろう。

 こうした状況は、特にグローバルでビジネスを展開する企業にとっては、成長の足かせになりかねない。言語や法制度の違いを把握したうえで関連する国・地域の法律や規制を調査・分析するには、より多くの労力を必要とするからだ。

 しかし、デジタル化の進展により、こうした状況が大きく変わる可能性がみえてきた。特に注目を浴びているのが「生成AI」だ。

 たとえば、生成AIを利用すれば、関連法令や判例などの情報を調査する「リーガルリサーチ」と呼ばれる業務の精度とスピードを圧倒的に向上できる。また、法律文書の要約、規約や契約書などの下書きも簡単に作成できる。アナログだった法務業務を、一気に変革できる可能性がみえてきたのだ。

 ただし、現実に法務部門がこうしたテクノロジーを活用するには、解決すべき課題も多い。ここからは、その課題を整理し、法務部門がテクノロジーのメリットを最大限に享受するために必要な取り組みを紹介する。

この記事の続き >>

  • ・法務部門が最新テクノロジーを活用して、ビジネスを支えるために必要なこと
    ・生成AIが法務部門で効果を発揮する「4機能」
    ・生成AIの特徴とハルシネーションを防ぐ仕組み
    ・法務部門に求められる企業価値を創造する力を強化するために

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます