Datadog Japan合同会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/05/22 掲載

もうムリ…複雑化する「クラウド環境」どう運用が正解?シンプルに守るための絶対条件

記事をお気に入りリストに登録することができます。
クラウドサービスの利用拡大に伴って、システムは複雑化している。これにより、システムの運用監視が困難となり、サイバーセキュリティ上のリスクが増大する可能性もあるが、企業はどのように対処すべきか。複雑化するクラウド環境の実態とリスクを確認しつつ、具体的な対応策を紹介する。
photo
複雑化するクラウド環境はどう管理するのが正解?
(Photo/Shutterstock.com)

ユーザー側の設定ミスによる情報漏えいも多発

 国内企業のクラウドサービス利用率は年々高まり、総務省の『情報通信白書』によれば、2019年時点で64.7%に達した。そして、クラウドサービスの利用企業の85.5%が、一定以上の導入効果を実感している。

 一方、クラウドサービスを利用しない理由の上位には、「情報漏えいなどセキュリティに不安がある」との回答がランクインした。

 多くのクラウドサービス事業者はセキュリティ対策に注力しているが、ユーザー側の設定ミスやID・パスワードの流出などを通じて情報漏えいする事例が後を絶たない。 つまり、ユーザー側にも徹底した管理・監視が求められるわけが、実現には高いハードルがある。

 たとえば、オンプレミスからクラウドへの移行による複雑化に加え、サーバレスアーキテクチャーの普及に伴い、ファンクション単位などより細やかな運用監視が必要となっている。また、マルチクラウド/ハイブリッドクラウドのようにシステムが複雑化すると、機器やダッシュボードなどの確認工数も膨らみ、セキュリティ対策の不備、問題の発見・特定の困難につながるなど、万全の運用監視が難しくなる。

 クラウドサービスの利用に際して、企業はこのような課題をクリアしなければならないのだ。以下では、これらの課題の解決策を解説する。

この記事の続き >>

  • ・クラウド環境のセキュリティ向上、最初にすべきこと
    ・セキュリティリスクを排除する、3つのチームの連携
    ・クラウドの可視化・設定ミスの防止、“その先”を行く仕組みとは

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます