• スペシャル
  • 会員限定
  • 2010/06/11 掲載

VMwareかCitrixか?「デスクトップ仮想化」のメリットとその導入効果を高める最適解

記事をお気に入りリストに登録することができます。
日本においてもすでに普及期に入ったと言われるサーバ仮想化に続き、現在多くの企業から注目を集めているのが「デスクトップ仮想化」だ。仮想化技術によってデスクトップ環境をサーバ側に集約し、クライアント端末に配信するソリューションのことだが、IDC Japanの調査によれば、大手金融機関などすでに導入済みの企業をはじめ、導入予定・導入検討中の企業を合わせると14.8%に上るという。幅広く仮想化ソリューションを手がけるピーエスシーの坂江敦基氏と坂本将幸氏に、デスクトップ仮想化のメリットや、最も導入効果が高い構成、また導入に当たっての留意点などを聞いた。

ユーザー環境によって異なる導入効果を個別にシミュレーション

photo
ピーエスシー
ソリューションサービス事業部
事業部長
坂江敦基氏
 「デスクトップ仮想化」が、昨今大きな注目を集めている。IDC Japanが2010年1月に調査し、同年5月27日に発表したレポートによると、デスクトップ仮想化の「導入率」(本格導入+試験導入)は6.3%で、「導入予定」「導入検討中」まで含めると14.8%にも達しており、多くの企業がデスクトップ仮想化に取り組みつつあることがうかがえる。

 実際、2007年に仮想化ソリューションを立ち上げ、さまざまな顧客のサーバ仮想化を手がけてきたピーエスシー(以下、PSC)でも、「昨年あたりから、デスクトップ仮想化の導入を検討されるお客様が増えてきた」と、ソリューションサービス事業部 事業部長 坂江敦基氏は語る。

「『導入した場合にどれだけコスト削減できるのか』、『どれだけ運用を効率化できるのか』といったデータを求められるお客様も多いので、ご要望によっては既存環境についてヒアリングし、社内稟議などにご利用いただけるように導入後の運用コスト試算レポートなども作成しています」(坂江氏)

 このようなアセスメント(査定)サービスを受けることができる意義は非常に大きい。理由は大きく分けて2つある。1つは、デスクトップ仮想化製品ベンダーが声高に提唱する「導入効果」が、自社の環境にはそのまま当てはまらないことも多いためだ。当然だが、製品ベンダーが公表する試算データなどは、「ある特定の条件のもと」に得られたベストに近い数値。個々のユーザー環境とはどうしても乖離が発生する。よりリアルなデータを得るためには、やはりPSCのような実際の運用現場に精通したパートナーにアセスメントを依頼するのが得策だろう。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます