• スペシャル
  • 会員限定
  • 2010/10/26 掲載

【KDDIウェブコミュニケーションズ事例記事】OS仮想化により高い集積率を実現! CPIの仮想サーバサービスを支えるソリューション

KDDIウェブコミュニケーションズ SMB事業本部 商品企画部 柴 達也氏

記事をお気に入りリストに登録することができます。
レンタルサーバ(ホスティング)業界では「CPI」のブランド名で有名なKDDIウェブコミュニケーションズ。低コストでより高品質なサービスを提供するため、仮想サーバを検討時に、多くの選択肢の中からパラレルスの仮想サーバ管理製品「Parallels(R) Virtuozzo Containers」を採用したという。集積率、パフォーマンス、運用管理の負荷、世界のデファクトスタンダードであること──同社のSMB事業本部 商品企画部 柴 達也氏に、その決断に至った背景を伺った。

より高品質なサービスを目指して仮想専用サーバサービスに取り組む

 1997年にレンタルサーバ事業を創業、「サーバーの家電化」を合言葉に、誰もが簡単にホームページを公開できる仕組みづくりに注力してきたKDDIウェブコミュニケーションズ。CPIブランドで提供する高機能なレンタルサーバサービスで、ICTソリューションの提供による中小事業者のビジネス支援に取り組んでいる。

 CPIでは、従来は1台のサーバを複数ユーザで利用する共用サーバのサービスに力を入れてきた。共用サーバは低価格で提供でき、広いユーザにインターネットを使ったビジネス環境を提供できる。しかし一方で、同じCPU、メモリ等のリソースを大勢で共用して使うため、他のユーザの影響を受けやすいのが課題だった。

「共用サーバと同じように低コストで、より高品質なサービスを提供できないかと、仮想サーバを検討し始めました。仮想サーバならCPUやメモリの使用量をユーザに確実に割り当てられるので、他のユーザの影響を受けません」(KDDIウェブコミュニケーションズ SMB事業本部 商品企画部 柴 達也氏)

photo
KDDIウェブコミュニケーションズ
SMB事業本部 商品企画部
柴 達也氏
 共用サーバは同社のエンジニアが運用するのに対して、仮想サーバを使ったサービスではサーバ運用自体がユーザに委ねられるため、より高機能なサービスを低コストで提供できるというメリットも見込まれていた。

 ユーザ自身がある程度自由にサーバ運用を行えるサービスの提供を検討し始めた背景には、ユーザの意識の変化があった。以前はメールやWebだけを使いたいという要望が多かったが、今はより幅広い活用を求めるユーザが多いという。

「今はアプリケーションを導入したり、サーバの設定を変更したいという要望が多く聞かれるようになりました。多くの方が手軽にクラウドサービスを利用する昨今ですから、レンタルサーバのユーザのリテラシーも高くなっているのではないでしょうか」(柴氏)

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます