• スペシャル
  • 会員限定
  • 2010/11/29 掲載

【セミナーレポート】かしこいバックアップツール選びで実現する、運用負荷の軽減と迅速なシステム復旧

2010年11月5日開催セミナー「コスト削減時代のデータバックアップ~高コスト・高リスク運用体制からの脱却!厳しい工数削減要求と事業継続性維持の両立~」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
データバックアップへの要請が高まる一方で、日々の業務に追われ、効率的かつ実効性の高いバックアップ体制を確立できないと悩むシステム担当者は少なくない。11月5日に開催されたセミナー「コスト削減時代のデータバックアップ~高コスト・高リスク運用体制からの脱却!厳しい工数削減要求と事業継続性維持の両立~」では、クオリティソフト 中村圭介氏が「そろそろ見直したいバックアップ、これからは『取る』も『戻す』も快適に」と題して講演し、そうした現状を変えるためにはまずバックアップの目的そのものを見直すこと、その上でいざという時にも簡単に使えるバックアップツールを導入して、迅速なシステム復旧と運用コスト削減を実現することが不可欠だと語った。本記事ではこの講演のもようをお届けする。

バックアップの最終ゴールは、迅速なリストア=システム復旧にある

photo
クオリティソフト
ビジネス企画本部
インフラソリューショングループ
営業担当部長
中村圭介氏
 セッションの冒頭、中村氏は「そもそもなぜバックアップが必要なのか」という基本に立ち返った問いを投げかけた。

「漫然とデータを保存しておくというのではなく、何のためのバックアップなのかという問題意識を持つことで、本来の目的が明確になります。まず大事なのは、『データが失われた場合、どんな影響があるのか?』という視点です。もう1つは『その影響を防ぐには、どの情報を保護すべきか?』。ここから考えていけば、バックアップとは企業リスクを低減する取り組みの1つであり、その実現には明確かつ実効性の高いバックアップ戦略が必要だというのが、おのずと理解できるはずです。」

 さらに中村氏は、バックアップの最終目標はデータを保存することではなく、システムダウンやデータベース破壊などの予期しない事態が発生した際に、それを速やかに回復すること=リストアにあると主張する。たしかに運用規定にあるから、データは保存する習慣だからと、漫然とバックアップを行っている企業も珍しくない。しかしいくらせっせとデータを保存しておいても、いざという時に使えないのでは無意味だ。事実、インシデント発生時にバックアップデータがうまく展開できず、システム復旧に手こずるのはもちろん、それまでのストレージ投資が活かせなかったという深刻なケースがしばしばあると聞く。

「バックアップが予期しない事態の解決=データ復旧のために行うものだとすれば、確実にリストアができるかどうかで、バックアップ作業の成否が決まるといえるでしょう。」

 さらに中村氏は踏み込んで、リストアできれば良いというものではないと強調する。

「重要なのは、何時間でリストアできるのか。つまり、システムを元通りに復旧させるにはどれだけの時間がかかるのかという視点から、そのバックアップ体制を構築・評価しなくてはなりません。」

 ITシステムが企業活動の中枢を担う現在、システムのダウンタイムはビジネスの利益逸失に直結する。もしそれがWebショッピングサイトであれば、停止時間の売上げはゼロだ。企業の意思決定にかかわるシステムであれば、ビジネスチャンスを逸してしまいかねない。そればかりか、長時間のシステムダウンは対外的な信用を失墜させ、あらぬ風評被害まで呼びおこす危険をはらんでいる。リストアの成否は、企業の生命線に関わる大事なのである。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます