• スペシャル
  • 会員限定
  • 2011/07/25 掲載

個人所有のスマートフォン/タブレット端末を、ビジネスで安全に活用するには?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
iPhoneやiPadに代表されるスマートフォン/タブレット端末は、コンシューマー市場で急速な普及を遂げている。ビジネスの現場においても、活用しようと対策を考える企業側の対応よりも、従業員の意欲が先行している状況だ。こうした状況をふまえ、端末を含めた万全の体制を整えるのに時間をかけるよりも、意欲ある従業員が持つ個人所有端末を企業利用できるようにするサービスを提供しているのが、NTTPCコミュニケーションズだ。個人所有端末をビジネス活用する上での課題、そして解決策とは?

個人ユーザー主導の「BYOD」なら
スマートフォン/タブレット端末ビジネス活用の迅速なスモールスタートが可能

 iPadやGalaxy Tabなどのタブレット端末は、コンシューマー市場において急激な早さで普及している。その動きを受けてビジネスへの活用を模索する企業も多くあるが、コンシューマー市場の普及の速さに追いつけないでいるのが現状のようだ。先行する米国でも同様の状況にあるようで、昨今は「BYOD」というキーワードが注目を浴びているとNTTPCコミュニケーションズ ネットワーク事業部の大野 智史氏は語る。

photo
NTTPCコミュニケーションズ
ネットワーク事業部
Master’sONE 担当
大野 智史氏
「BYOD(Bring Your Own Device)とは、従業員が個人で所有するデバイスをビジネスに活用していこうという考え方です。感度の高い方は、企業が万全の準備をしてデバイスを配布するより早く、スマートフォンやタブレット端末を購入して使っています。それらの端末を企業のITに取り込もうという動きが広まりつつあるのです」(大野氏)

 従来、個人所有の情報端末は排除・敬遠される傾向にあった。セキュリティ面での不安や、コンプライアンス面での課題が残っていたからだ。しかし現実問題として、時流の変化に鋭敏なビジネスマンは、個人所有のスマートフォン、タブレット端末をビジネスに活用し始めている。この流れを受けて、企業側の体制を整えるべきだと大野氏は言う。

「目をそらしていても、現場での活用は自然と加速していくでしょう。企業として適切な対応を取らなくては、セキュリティ面への課題として残り続けます。禁止するのも1つの方法ですが、BYODの姿勢を学んでうまく取り込んでいければ、スマートフォンやタブレット端末活用をスモールスタートできるいい機会ともなります」(大野氏)

重要なのは本人認証、端末認証、端末管理と情報漏えい対策

 個人所有のスマートフォン/タブレット端末を業務で利用するためには、セキュリティ上のさまざまな課題をクリアしなければならない。ポイントは4つあると大野氏は指摘する。

「BYODを実現するためには、①本人認証②端末認証③端末管理、そして④情報漏えい対策を施していかなくてはなりません。これらを確実に担保すれば、個人所有の端末であっても安全に業務に活用できるでしょう」(大野氏)

この記事の続き >>
   BYOD実現に欠かせない
   4つのセキュリティ課題を克服する解決策とは?


この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

【特集】個人所有のスマートフォン/
タブレット端末を企業ITに取り込む ▼ 関連資料はこちらから

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます