SB C&S株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/02/05 掲載

ハイブリッドクラウド化で陥りがちな罠とは?VMware環境移行の最適解を探る

記事をお気に入りリストに登録することができます。
クラウド活用が当たり前になった今、企業の関心は「クラウドを使うか否か」ではなく「クラウドの中身」に移っているようだ。そこで現実的な選択肢として登場するのが、オンプレミスとクラウドのメリットを享受できる「ハイブリッドクラウド」だ。その一方で、移行にはいくつかの課題を抱える企業も少なくない。場合によっては取り返しのつかない「罠」に陥るケースもあるという。ここでは、ハイブリッドクラウド環境への移行問題を解決する方法を解説する。

ハイブリッドクラウドが注目される背景と導入の課題

 企業のクラウド活用は、もはや“トレンド”ではなく“当たり前”になってきた。ある調査によれば、2015年から2018年にかけて、日本のプライベートクラウド市場やパブリッククラウド市場は、およそ1.8倍に拡大すると予想されている。

 ただし、すべてのシステムがクラウド化されるわけではない。たとえば、ネットワークのレイテンシー(遅延)が問題になるシステムや、大量のトランザクションが発生するシステムは、オンプレミスあるいはプライベートクラウドのほうが向いているだろう。一方で、インターネットを介してアクセスし、今後予期しない拡大がありうるシステムなら、パブリッククラウドのほうがよいだろう。

 このように、企業がとりうる選択肢は、オンプレミス、プライベート、パブリックと豊富にある。しかし、それぞれに一長一短があるため、多くの企業は組み合わせて使いたいと考えるはずだ。それを実現するのが、「ハイブリッドクラウド」なのである。

 ただ、いざハイブリッドクラウドに取り組もうとしても、すんなりとはいかないケースが少なくないようだ。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます