株式会社シーエーシー 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/11/27 掲載

ERPなどの基幹系システムの保守コスト、「最大9割削減」は本物か?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
経営環境の変化に柔軟に対応しながら、企業にはIT予算の効率的な投資が求められる。攻めのIT投資は積極化させる一方で、守りのITには継続的なコスト削減圧力が高まっている。そこで注目されるのが、ERPをはじめとする基幹系業務システムの運用コストの削減だ。安定的に活用されているにもかかわらず、ERPパッケージの保守費用は実に22%を占めるという。そのため、長期利用を前提としたエンタープライズ系ソフトウェアの保守を、メーカーではなく「サードパーティ事業者」が行う取り組みが、日本でも本格化しているのである。

従来の基幹系パッケージのサポートにまつわる3つの問題

photo
株式会社シーエーシー
執行役員
産業営業本部長
竹田 陽一郎 氏
photo
日本リミニストリート株式会社
支社長
脇阪 順雄 氏
 ERPをはじめとした基幹系業務システム、いわゆるエンタープライズ系のパッケージソフトウェアは、企業にとって重要なITシステムである反面、システムそのものが売上を生み出さない点や、各社の業務に応じてほぼ完成形に近づいているため、経営層からのコスト削減圧力が強い。

 こうした現状について、独立系SIベンダーである株式会社シーエーシー(以下、CAC) 執行役員 産業営業本部長の竹田陽一郎氏は、次のように語る。

「ERPは、10年、15年間と使われるお客さまにとって重要なシステムです。一方で、上記のような特性もあり、限られたIT予算の中で基幹系システムの運用費をどのように削減するかに悩むお客さまは、とくにリーマンショック以降、増えてきています」(竹田氏)

 限られたIT予算に占める、いわば「守りの投資」の割合を減らせば、その分を「攻めの投資」に向けることも可能になる。しかし、そうしたことを妨げる要因があるのも事実だ。日本リミニストリート株式会社 支社長の脇阪順雄氏は、基幹系システムの保守について、次のように問題点を語る。

「まず保守費用の妥当性です。エンタープライズ系のパッケージソフトは、ほぼ完成形に近づいています。しかし、これまでのメーカーの保守は、ソフトウェアの安定度は高い水準で大掛かりな変更がないにもかかわらず、ソフトウェアライセンスの保守だけで保守費用全体の約22%を占めるなど高額で、かつ、ユーザーにとってはメーカーサポート以外を選択する自由度が低いという現状がありました」(脇阪氏)

 2点目はバージョンアップの問題だ。竹田氏は、日本企業特有の問題点を次のように説明する。

「本来、バージョンアップは、顧客が望む新機能などを対価に行われるものですが、今までは、ソフトウェアメーカーのサポートを受けるためにバージョンアップしていたという現状がありました。また、日本では特に導入先企業の業務に応じて独自機能のアドオンやカスタマイズが加えられていることが多く、これがコストと時間の面でさらにバージョンアップを難しくしている要因となっています」(竹田氏)

 そして3点目が、法令改正等で個社対応が難しいという点だ。

「たとえば、法令改正で必要なプログラムの改正が10個あったとして、導入先企業にはそのうち3個のパッチ適用だけで対応が可能という場合にも、メーカーは、全社一律の標準サポートを前提としているため、場合によってはその会社に不必要な修正も行われる可能性があります。その場合は改めて全機能の費用がかかり、さらにそれをレビューする必要がありました」(脇阪氏)

 こうした現状を解決し、基幹システムの運用保守にかかる費用を削減するにはどうしたらいいのだろうか。

この記事の続き >>
・独自カスタマイズとアドオン部分も保守対象に
・最大で90%の保守費用削減に成功
・メーカー保守を続ける場合でも効果的な活用方法

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​