ようこそゲストさん

日本アイ・ビー・エム株式会社(VSR) 、 日本アイ・ビー・エム株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/06/08 掲載

x86サーバーでは実現しえなかった圧倒的パフォーマンスでビッグデータ時代を制す

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ビッグデータ時代を迎え、企業の扱うデータ量は爆発的に増加している。多種多様なデータを高速処理するためには、これを支えるIT基盤にも、これまでの延長線上ではない劇的な進化が求められる。このような状況下、大容量データの高速処理を想定して設計された、一般的なx86サーバーとは異なるアーキテクチャをもつサーバーがあるという。

大容量データ処理の前に立ちはだかるサーバースペックの壁

 企業情報システムの普遍的なテーマの一つに、大容量データの高速処理という課題がある。それはオンライントランザクションのケースもあれば、バッチ処理のケースもあり、常に高いパフォーマンスが求められてきた。しかし、これまではサーバーのスペック性能に阻まれて、ある程度のラインで"折り合い"をつけなければならないことも多かった。

 たとえば、小売業では毎日POSデータが発生するが、そのボリュームは簡単にテラバイト単位に上り、これを解析するための準備に1日以上かかることも珍しくない。そして、次のアクションにつながる洞察をデータから獲得できた際には、すでにその"旬"は過ぎていた、ということも少なくなかったのである。

 一方、Materials Requirements Planning(資材所要計画、以下MRP)の立案と実行というのは、製造業において基幹中の基幹業務である。製品の部品表と基準となる生産計画をベースに資材がどれだけ必要かを算出し、ここから資材の発注、納入、出庫をコントロールする。部品表が登場することからも推測できるように、これを実行するには大容量のデータと計算処理が必要で、そのためには多くのシステム資源と時間が要求されるため、頻繁に実行することは困難と考えられてきた。

ビッグデータ時代を迎え、データは爆発的に増加

 それに加えて、今日はいわゆるビッグデータ時代だ。そのデータボリュームは今まで以上に増え続けている。総務省の「ビッグデータの流通量の推計およびビッグデータの活用実態に関する調査研究」(平成27年)によると、その伸びは9年間で約9.3倍とまさにリニアな直線を示している。

この記事の続き >>
・総務省:データ流通量の推移
・一般的なプロセッサーと比較し4倍の超高速設計
・仮想化環境で効果を発揮する高度な機能

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます