サイバーソリューションズ株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/05/13 掲載

2つの事例から探る、Notes移行で回避すべき6つのトラブル

記事をお気に入りリストに登録することができます。
グループウェアに「IBM Lotus Notes/Domino(以下、Notes)」を利用する企業は多い。旧バージョンのサポート終了などに伴い、別システム等への「マイグレーション」が大きな課題の1つとなっている。移行をスムーズに行うポイントはどこにあるのだろうか? 多くのNotes連携/移行実績を持つ法人向けメール専業企業サイバーソリューションズの秋田 健太郎氏と宍戸 眞一氏が、実際の移行事例を交えて解説した。

「メール機能を移行し、Notesは使い続ける」というニーズにも柔軟に対応

photo
サイバーソリューションズ
代表取締役社長
秋田 健太郎氏

 サイバーソリューションズの代表取締役社長 秋田 健太郎氏は、Notesユーザーのニーズに応じた、移行シナリオの検討について説明した。一般的な「マイグレーション」とは、別システムなどへの移行を指すが、現実には、メールなどの一部機能のみを別システムに置き換え、Notesはバージョンアップをしながら使い続けるという選択肢もある。

「その場合、将来を見据え、Notesのメールアーカイブを取得することをおすすめしています。これは、将来のマイグレーションの際に、Notesのメールデータがそのまま使えるメリットがあります」(秋田氏)

画像
マイグレーションかバージョンアップか、方針が未確定な場合は、将来性を考慮し、メールアーカイブの取得がおすすめだ

 秋田氏によれば、メールアーカイブはIBM製品でも実現できるものの、比較的リーズナブルに導入できるメールDB「MailBase」をおすすめしているとのことだ。

「MailBaseによるアーカイブの優位性は、文書修飾などを忠実にアーカイブできる点です。データ移行ソリューションも用意しており、あらゆる移行先のメール環境にも対応しています」(秋田氏)

 もちろん、すべての機能をNotesの最新版にアップデートしたいというお客様のニーズにも対応可能だ。秋田氏は「サイバーソリューションズの傘下にはNotesプロフェッショナル企業のエフがあり、気軽に相談して欲しい」と語る。

 そして、もう1つの移行シナリオとして、別システムへの移行という選択肢がある。この場合、「全部移行する」「一部機能を移行する」「クラウドを活用する」という3パターンのシナリオが考えられる。

「全部移行するシナリオは、各種グループウェア製品と当社のメール製品を組み合わせるやり方です。ベンダーロックからの解放や、固有の専門知識が不要、運用コストの削減、クラウドへの移行や連携も可能といったメリットがあります」(秋田氏)

画像
マイグレーションのファーストシナリオは、各種グループウェアと、サイバーソリューションズのメール製品との組み合わせだ

 2つ目は、一部機能を移行するシナリオだ。これは、Notesバージョンアップと、サイバーソリューションズのメール製品を組み合わせる。

「この場合、メール機能だけなら移行しやすい、Notesライセンスの削減、最新のモバイルに対応できる、Notesの容量やパフォーマンスの改善といったメリットがあります」(秋田氏)

 3つ目は、クラウドを活用するシナリオだ。Notesのバージョンアップと、サイバーソリューションズのWebメールソリューションを活用する。

「この場合、最も停止リスクの高いメール負荷を軽減できることや、運用負荷の軽減、容量やパフォーマンスの改善、Notesライセンスの削減といったメリットがあります」(秋田氏)

 秋田氏は、「いくつかの方法について、お客様のシステムや要件などに鑑み、最適な方法を検討する必要がある」と締めくくった。

2つの移行事例に見る、Notes移行のポイントと回避すべき6つのトラブルとは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​