有限責任監査法人トーマツ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/10/06 掲載

改正個人情報保護法、EU一般データ保護規則対応(GDPR)への4ステップ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
EUでは現行のEUデータ保護指令に替わり、2018年5月から一般データ保護規則(GDPR)が施行される予定だ。一方我が国でも2015年9月に個人情報保護法が改正され、2年以内の施行が見込まれている。こうした2つの法改正に対応するために、日本企業は今からどのような準備を進めていけばいいのか。実務上、特に課題となる個人情報の越境移転について、デロイト トーマツ リスクサービス マネジャーの大場敏行氏が解説する。

photo
デロイト トーマツ リスクサービス
マネジャー
大場 敏行 氏

EU域外にあってもGDPRが適用対象となる可能性がある

 EUでは1995年から個人情報の保護のためEUデータ保護指令が導入されてきたが、これに替わる新たな法律として、2018年5月から一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)が施行される予定となっている。

 デロイトトーマツサイバーセキュリティ先端研究所主催の第8回サイバーセキュリティセミナー「EUと日本における新しい個人情報保護制度」で登壇した大場氏は「個人データのEU域外移転については、現行法でも制約が設けられているが、GDPRにおいても同様に注意が必要」と指摘する。

「まずGDPRを考える上で留意しなければならないポイントは、適用の対象がかなり広いということ。本社がEU域外にあっても、EU域内に子会社が設立され、居住者の個人データの取扱いがある場合にはGDPRの適用対象となる。またEU域内で個人データを収集し、日本で処理を行っている場合、EU域内に業務遂行に必要なサーバなどの機器が存在している場合、そしてEU域内に日本から直接、商品やサービスなどを提供している場合のいずれかに当てはまる時には、GDPRの適用対象となる可能性がある」

 さらに大場氏は、いわゆるビッグデータの利活用と、グローバルな人事制度の構築という2つの観点からも、GDPRの域外移転の制約には注意が必要だと促す。

 まずビッグデータ利活用の観点からは、特に現地ユーザーを対象にB2C事業を展開している日本企業は、直接的に個人情報を取り扱うことになるので、一番気を付けなければならないという。

 またグローバルにビジネスを展開している企業は、これまで各国で異なった人事制度を運用し、それぞれに従業員データベースを構築していることが一般的だった。それが今では、全世界の人事情報を一元的に集約して、統一的な人事制度を適用しようという世界的な動きがあるという。その際には、EU域内の従業員データを取り扱う必然性が出てくることになる。

「ビッグデータの利活用やグローバルな人事制度の構築という場面では、どうしても個人データの移転が伴う。日本企業には管理態勢を整え、必要な技術的対策などを講じていくことが求められる」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​