ウイングアーク1st株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/01/17 掲載

帝国データバンクが80万社の「取引データ」から導いた「次世代ビッグデータ活用法」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
創業117年を迎え、企業間取引における信用情報や、マーケティングにおけるターゲティングデータを提供する帝国データバンク(以下、TDB)。同社は企業ビッグデータを地域経済政策や企業経営の意思決定支援に活かすサービスを展開している。同社 産業調査部 先端データ分析サービス課 課長の北村慎也氏は「ビッグデータ活用は、アナリティクスとビジュアライゼーションがカギを握る」と語る。転換期に来た「ビッグデータ活用」の課題とは。

photo
帝国データバンク 産業調査部 先端データ分析サービス課 課長
北村慎也氏

「データは宝の山」だが、どれが宝かわからなければ活用できない

 TDBは、1900(明治33)年創業。企業の信用調査から、リスク管理サービス、DM営業などのデータとなる顧客情報の管理を行うデータベースサービス、マーケティングサービスなどを手がける。

photo
ウイングアーク1st
リテール事業開発部 部長
中土井利行氏
 このほど都内で開催された「ウイングアークフォーラム 2017」では、ウイングアーク1st リテール事業開発部 部長の中土井利行氏をモデレーターに、「データビジネス」をテーマにしたセッションが行われた。

 北村氏は、「データビジネスは企業概要データ、財務データ、信用調査報告書などの1次データが入口となります」と語った。

 膨大なデータをもとに分析し、知見を導き出すことがTDBのデータビジネスの価値だという。

 TDBは、1970年代の汎用機時代から1次データをデータベース化し、2010年代からはそれらのデータを指標化したり、ビジュアライゼーションしたりするなど付加価値創出に取り組んでいる。

 たとえば、2015年4月から提供されている内閣府の「RESAS(リーサス:地域経済分析システム)」には、TDBがデータホルダーとして企業間取引データなどのデータを提供するだけでなく、システム構築時にコーディネーター役として他のデータホルダーからのデータ提供をとりまとめた。

 北村氏は「データは宝の山とよくいわれますが、RESASのような取り組み前は、宝の山の『正体』がわからないということが課題でした。つまり、膨大なデータのどこに宝が眠っているのか、鉱脈をどのように突き止めるのかがわからなかったのです」と振り返った。

 すなわち、一般的にビッグデータ活用には以下の4つの課題があると指摘した。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます