ポリコムジャパン株式会社(Poly) 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/01/29 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
日本を代表する航空会社の全日本空輸(以下、ANA)は、業界でも非常に早い時期からITを業務に取り入れ、顧客に対して先進的なサービスを届けている「お客さまファースト」の企業だ。そんな同社は、まだ「働き方改革」というキーワードが登場する前の2012年から社内の業務改革に取り組んできた。2018年までの約6年間で、ANAはどのような課題を抱え、そして解決してきたのか。また、業務効率化を成し遂げた今、次に何を目指すのか。

「顧客第一」の一方で、従業員の働き方には課題が山積み

 ANAは「働き方改革」というキーワードが登場する以前の2012年ごろから、いち早く社内の業務改革に取り組んできた。それは、ANAが掲げる「お客さまファースト」の文化によるものだったという。同社 業務プロセス改革室 イノベーション推進部 部長 野村泰一 氏は次のように話す。

photo
全日本空輸
業務プロセス改革室 イノベーション推進部 部長
野村泰一 氏

「以前から当社は顧客に対するサービスを第一に優先する文化を持つ企業でした。業界でもいち早くモバイルアプリや自動チェックイン機、自動手荷物預け機などを導入し、顧客満足度を高めることに成功しました。ところが自分たちの足元をみると、社内の現状には改善の余地が多く残っていました」

 オフィスは固定電話で、PCも座席も固定。オフィスにいなければメールの閲覧も資料作成もできない状態だったという。また空港で発生するさまざまな煩雑な業務に時間を取られ、組織を超えた情報共有もままならなかった。野村氏は「モバイルでの連絡など、私生活で当たり前にできるようなことが、会社ではまったくできていなかった」と、当時を振り返る。

ANA(2012年当時)の働き方の課題

●オフィスでないとパフォーマンスが落ちる
・情報が取れない、メールが取れない、資料も作れない
●雑務に時間を取られる
・外出したら帰社が当たり前、他社の電話取り次ぎに追われる
・多量のマニュアル差し替え、情報過多で覚えきれない
●組織を超えた情報共有が困難
・対面会議ありき、紙資料配布、USB利用の横行
●集合教育と経験に基づく育成

・自分で学ぶ環境がなく、一人前になるまで時間を要す

 「自分たちの働き方がこんな状態で、本当にお客さまの期待に応えられるサービスを続けられるのか」……。そんな疑問が湧き上がり、ANAは今で言う「働き方改革」に先鞭(せんべん)をつけることになった。従来の情報システム部門の組織名称を「業務プロセス改革室」へと変更し、ANAの本気の業務改革が始まる。
この記事の続き >>
・時間的・場所的な制約をいかにして取り払ったのか
・会議の種類に応じてシステムを使い分ける
・“守り”から“攻め”の働き方改革にITを活用
・“日陰のダンゴムシ”を見つけよ、単に数字にとらわれない改革

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます