レッドハット株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/06/19 掲載

国内のコンテナ市場を分析レポート、kubernetesの導入が進んでいる業種は?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
自社の競争優位性を高めるために、日本企業の多くは、いち早く新サービスやアプリケーションを市場に投下しようと開発に取り組んでいる。近年、そうした効率的かつスピード感を持った開発を目指す企業から注目を集めているのが、コンテナ型の仮想化環境を提供する「Docker」や、その開発・運用自動化基盤「Kubernetes」だ。今回、日本のコンテナ市場における業種別導入状況や、導入メリット・デメリット、さらには導入における課題などを解説する。

photo
日本市場においてコンテナやKubernetesなどの技術はどれくらい企業に浸透しているのだろうか
(Photo/Getty Images)
 

「Kubernetes」のリアルな導入状況とは

 多くの日本企業が「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の実現に向け取り組む中、迅速な事業展開を支えるクラウドサービスはますます欠かせない存在になりつつある。それにより、「コンテナ化」や「サーバレスコンピューティング」などの技術を活用したクラウドと親和性の高いアプリケーションの開発・利用も活発になっている。

 そこで近年注目されるのが、開発・運用自動化基盤「Kubernetes」だ。特にKubernetesは、コンテナ化されたアプリケーションの展開やスケーリング、管理を自動化するため基盤のデファクトスタンダードになりつつある。

 実際に、グーグルやアマゾン、マイクロソフトなどの主要なクラウドプロバイダーが自社サービス開発を目的として、Kubernetesのマネージドサービスをリリースする動きを見せている。

 こうした中、日本市場においてコンテナやKubernetesなどの技術はどれくらい企業に浸透しているのだろうか。また、導入企業が期待するメリットとは何か。さらに、企業が感じている導入ハードルや課題とは。

 ここからは、国内の企業・組織においてITシステム構築・運用に携わる担当者を対象に実施した、コンテナの利用状況とKubernetesに関するアンケート調査の結果を紹介する。業種別の導入状況やビジネスメリット、導入における課題などの現状を詳しく見ていこう。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます