ようこそゲストさん

株式会社FCEプロセス&テクノロジー 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/19 掲載

圧倒的なITエンジニア不足で迎える2025年、「日本型DX」を成功させる秘訣とは

記事をお気に入りリストに登録することができます。
「ウィズコロナ」の状況下で「2025年の崖」が訪れようとする中、デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現は喫緊の課題だ。しかしDXに取り組もうにも何をやれば良いかわからなかったり、なかなか前進できなかったりというケースも少なくない。こうした現状を乗り越えるには、日本の現状に即した「日本型DX」の実現を進める必要がある。それはどのようなプロセスや考え方で進めていけば良いのだろうか。

photo
圧倒的エンジニア不足の環境下でDXを成功させるためには
(Photo/Getty Images)

経営環境の変化に大きな影響を与える「ITエンジニア不足」

 新型コロナウイルスの影響を始め、今企業を取り巻く環境は大きく変化しており、多くの企業がその適応に苦労している。さまざまな環境の変化が指摘される中、中長期的なものとして特に影響が大きいとされるのが「ITエンジニア不足」だ。

 経済産業省によると、IT人材の需要は2015年から2020年にかけて大きく増えているにもかかわらず供給はほぼ変わっておらず、2030年には需要の半分しか供給が満たされないと予測されている。

 経済産業省は、上記のような懸念を「2025年の崖」として指摘するとともに、デジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性を強く説いている。

 だがひと口にDXと言っても、ITエンジニアの不足が明らかになっている日本では、欧米のそれとはかなり事情が異なる。「そもそも何をやればいいのかわからない」、「とりあえず取り組み始めたもののなかなか前に進まない」といった声も根強い。

 では、「日本企業における正しいDXの進め方」はどのようなものだろうか。

この記事の続き >>
・DX推進の前に、経営層と現場の認識の差を理解せよ
・「日本型DX」の実現には現場で作れるRPAが最適である
・RPA活用と「人材育成」はセットで考える

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます