arcserve Japan合同会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/08/31 掲載

社内でもリモートでも!複雑化するデータ環境を“まるっと”保護する方法はあるのか?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
新型コロナの流行を契機に、パンデミック下での事業継続計画(BCP)の策定や見直しを行う企業が増えている。そこで課題になるのが「データ保護」だ。テレワークの普及でますますデータ保管場所が散在し、企業が利用するデータの種類も量も増大の一途をたどる昨今、労力やコストをかけずに、簡単にデータ保護を実現する方法はあるのだろうか。

photo
労力やコストをかけずに、簡単にバックアップを実現する方法はあるのだろうか
(Photo/Getty Images)
 

新型コロナとリモートワークで高まるデータ保護の重要性

 災害大国である日本において、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)の必要性は以前から指摘されていた。しかし、新型コロナウイルスの流行でその重要性が改めて顕在化している。

 あらゆる状況でもビジネスを止めないためには、「情報システムの継続」が鍵となる。そのためには「データの保護や復旧をどうするか」を考える必要があるだろう。

 しかし、ひと口にデータ保護と言っても、データの種類の複雑化やデータ量が加速度的に増加している昨今、簡単に実現できることではない。また、仮想化の進展に伴い、物理サーバと仮想サーバの両方のデータ保護について考える必要がある。さらに、クラウドの普及で、オンプレミスとクラウドのそれぞれのデータ保護について考えざるを得ない。

 加えて、急速に普及している「リモートワーク」が、データ保護の重要性と難易度をさらに上げている。

 リモートワーク端末が増えることで単純にデータが散在する状況が加速するだけでなく、数々のセキュリティソリューションで守られた社内環境と比べて、リモート環境のセキュリティリスクは高い。実際に新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ランサムウェアやクリプトジャッキングなどのサイバー攻撃の被害が拡大している。

 こうした状況下で、どうすれば増え続けるデータや散在するデータを最適に保護できるようになるのだろうか。

この記事の続き >>
・場所・種類・量、データ保護の課題をまるごと解決
・テレワーク特有の5つの課題にも対応
・海洋サービス会社の解決事例

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます