ようこそゲストさん

ヴィーム・ソフトウェア株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/09/18 掲載

「システムのデータ化」が加速するDX時代に“データマネジメント”が効果的な理由

記事をお気に入りリストに登録することができます。
新型コロナウイルスの感染拡大によって、デジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性は改めて浮き彫りになった。仮想化とクラウドを上手に利用することが求められるDXでは、「システム自体のデータ化」が進むことになる。では、データ化されたシステムの運用・管理はどうやって最適化すべきだろうか。DX時代に求められる「データマネジメント」の具体的なアプローチを紹介する。

photo
システムがデータ化される中でなぜデータマネジメントが重要なのか
(Photo/Getty Images)

DXが加速する中、「システム自体のデータ化」が進む

 ビジネスを取り巻く環境が、今急激に変化している。新しい常識に対応し、生き残るために、これまでよりDXの必要性やデータ活用の重要性を痛感している企業も多いのではないだろうか。

 DXを実現するためのITシステムに求められるスピードや柔軟性、コストパフォーマンスを考えると、「システム自体のデータ化」、つまり「仮想化」は避けて通ることができない。仮想化によって物理的な実体を減らし、必要なシステム環境を必要なタイミングで構築できる仕組みは、もはやビジネスのデジタル化を果たすうえでのベースとなっていると言える。

 そうなると、これまで「データ」と言ったときに想像するような、単にユーザーが使うアプリケーションのデータだけでなく、システムそれ自体も重要なデータとなる。

 また、一昔前はデータの保存先といえば、ストレージやテープなどの物理メディアであった。それは今も続いているが、さらに最近では、クラウドの利用も広がり、選択肢はさらに増えた。ハイブリッドクラウド環境やマルチクラウド環境で、システムとしてのデータが移動する機会も多くなっている。

 このような複雑な環境でデータ活用を考える場合、収集や分析はもちろん大事だが、データ保護を含め「データをいかに管理するか」、すなわちデータマネジメントがより重要になる。これまでとは違うアプローチで、データの保護や管理を考える必要があるだろう。

 では、DX時代に最適なITインフラ運用・管理を実現するためのデータマネジメント環境は、どのように構築すればよいだろうか。

この記事の続き >>
・クラウドオリエンテッドな時代だからこそデータの分散管理が必要
・クラウドデータマネジメントに不可欠な5つの要素とは?
・vSphereやHyper-V、AHV、物理サーバでも同じフォーマットのままデータを自由に移動

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます