ようこそゲストさん

日本アイ・ビー・エム株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/23 掲載

DXで疲弊するIT運用部門…「AI」をどのように活かせば楽になる?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業は、クラウドやコンテナ、マイクロサービスなどのテクノロジーの活用を進めている。一方で、ITサービスの停止やパフォーマンスの低下がビジネスに及ぼす影響はますます大きくなり、複雑化したITシステムの運用担当部門のプレッシャーは高まるばかりだ。こうした課題解決に注目されるのが、AIによって運用を効率化する「AIOps」だ。なぜAIOpsが必要とされ、どのように運用管理の現場を変えるのか、紹介しよう。

photo
DX時代で複雑性を増す「IT運用」をどうするか
(Photo/Getty Images)

IT運用の生産性向上は、DX実現にもはや不可欠

 DXに取り組む企業が増えることによって、企業ITの運用の現場ではさまざまな変化が生じている。まずは、「環境の多様化」だ。企業の62%はハイブリッドクラウドを採用しているといわれ、ITリソース配置の場所や運用形態はますます多様化している。

 また、「プロセスやマインドセット」の変化も挙げられる。プロセスやツール、カルチャーなど、より俊敏性が高い方法や役割への対応が求められている。そして、「運用体制やコラボレーション」の変化もある。DevOpsに代表される、運用、開発、事業部門など複数の組織にまたがる運用管理が求められている。

 当面、レガシーシステムとクラウドネイティブなシステムの共存は続く。IT運用の現場には、ハイブリッド/マルチクラウドを管理する人材、スキルが必要となる。ハイブリッド/マルチクラウド環境のすべてでシステムは複雑に関係し合い、部署によるアカウントの違いや、テクノロジーの違いにより運用の複雑性はますます増していく。

 少子化や労働力人口の減少などによるIT人材の減少も相まって、運用の現場にかかる負荷が高まる一方だ。運用現場の生産性を向上させる取り組みが遅れれば、ビジネスの成長を阻害させかねない状況だといえる。

 こうしたIT運用現場の課題を解決するには、どのような方法が効果的なのだろうか?

この記事の続き >>
・「AIOps」とは? AIによって運用を効率化&高度化できるのか?
・実現するための3つのステップ
・海外の導入企業3社の事例、スピードだけでなく正確性も向上

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます