ようこそゲストさん

  • トップページ
  • 無駄だらけの「Excel依存の情報管理」……脱却する方法とは?

株式会社ミロク情報サービス 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/28 掲載

無駄だらけの「Excel依存の情報管理」……脱却する方法とは?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
もはや「大企業だから安心」という時代ではない。さまざまな新興企業が次々と誕生し活躍している状況を見ると、環境変化に柔軟に対応できる中堅・中小企業に大きなチャンスがあると言えそうだ。ただし、中堅・中小企業には特有の弱みもある。それがフロントの変化の足を引っ張る「非効率なバックオフィス業務」だ。そうした課題を一掃し、新しいチャレンジに邁進するには、どうすれば良いのだろうか。

画像
非効率なバックオフィスの業務…業務部門ごとにシステムを導入したものの、なかなか成果がでない企業は少なくない…どうすれば良いのだろうか
(Photo/Getty Images)

Excelに頼った業務だらけの企業の実態

 デジタルトランスフォーメーション(DX)は、大手企業だけのテーマではない。小回りがきいて環境の変化に迅速に対応できる中堅・中小企業ほど、実はDXとの相性は良いと言えるだろう。現実に「ウィズコロナ」や「カーボンニュートラル」などの社会の動きを敏感に捉え、新しい事業に果敢にチャレンジする中堅・中小企業も増えている。

 ただし、中堅・中小企業ならではの弱みがチャレンジの足を引っ張ってしまう現実も否定できない。特に深刻なのが、経理、人事、総務などのバックオフィス部門のIT化の遅れである。Excelに頼った業務が多数残っているケースはもちろん、システムを導入していたとしても課題は多い。

 特に統一されていないシステムの弊害は大きい。最終的なシステム間の連携を想定せず、各部門がバラバラにシステムを導入した結果、後になって連携したくても連携できず、データの二重入力や、紙資料からの手入力など、ムダな作業が発生する。また、システム運用やデータのチェック方法が個人の経験・能力に依存してしまう“属人化”も起きやすい。

 さらに、システム構成もしくはセキュリティの観点でオフィスでしか作業できず、テレワークを実現できないという課題もある。加えて、中堅・中小企業では、課題解決を担うIT人材が慢性的に不足している。

 こうした課題を抱えたままでは、正確で迅速な経営判断は難しい。結果として新しい挑戦を妨げてしまう。こうした状況を打破し、安心してDXに取り組むにはどうしたら良いのだろうか。

この記事の続き >>
・部門ごとに導入していたシステムを統合するメリット
・専任のIT部門要らず、サーバの運用・保守から解放される方法
・“一人情シス"でも、バックオフィス課題を一掃できる理由

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知



処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます