サイバネットシステム株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/15 掲載

「うるさい」が製品評価を下げるワケ、静音化を実現する「音響対策シミュレーション」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
工業製品の研究・開発・設計領域において「音」の分析・評価が重要になりつつある。たとえば、国によっては規制対応として製品の騒音基準をクリアしなければ販売すらできない場合もある。また、ひとたびレビューサイトなどで自社の製品について「稼働音がうるさい」などと書かれてしまえば、評判を一気に落としてしまうこともあるだろう。このように、企業にとって音響の分析・評価は重要になりつつある一方、専門性が高くなかなか手が出せない領域でもある。手軽に音を解析・評価する方法はあるのだろうか。

photo
手軽に音を解析・評価する方法はあるのだろうか
(Photo/Getty Images)

音響分析・対策が重要になってきたワケ

 近年、あらゆる製品において音響分析が必要になってきている。音の分析・評価と聞くと、コンポやスピーカーなど、音響製品の品質向上のためだけに使われるようなイメージを持つ人もいるが、それだけでなくあらゆる場面で活躍している。

 たとえば、音響分析による異音検知は、製品の欠陥を見つけることに役立つことから、製造現場において音の分析・評価のニーズは高まっている。

 また、製品の付加価値向上のために、音響分析が役立つシーンもある。自動車業界の例で言えば、近年自動車の電動化が進んだことによりエンジン音の騒音は低減した一方、ドアミラーが風を切る音など、そのほかの部分の音が目立つようになり、結果それらわずかな音をいかに制御できるかが競合製品との差別化のポイントになってきている。自動車だけでなく、製品の品質が一定水準以上に達すると、“静音”が競合製品との差別化において重要になってくる。

 一方、レビューサイトなどで自社製品について「稼働音がうるさい」と書かれてしまえば、大きくブランド価値が下げることになってしまうこともある。それほど、消費者にとっても“音”は商品選択のポイントになってきているのだ。

 しかし、製品製造過程における音響分析は、高い専門性が求められることから、気軽に企業が取り組めるものではない。だからこそ、これまで経験がない人が、手軽に音を取り扱う方法はないのだろうか。

この記事の続き >>
・なぜ、中堅・中小企業も「音響分析・評価」をすべきワケ
・簡単に音響分析・評価をする方法とは?
・自動車業界、建設機械業界の導入事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​