株式会社マクニカ 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/12/20 掲載

もはや必須のゼロトラスト、「EDRとIDaaS」はいかにして連携するのが正解?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ネットワークやセキュリティにおいて、近年ゼロトラストをいかに実現していくかが重要なテーマとなってきた。働き方や働く場所の多様化に伴いオンプレミスからクラウドへの移行が進み、従来型の境界防御という考え方に基づいたセキュリティ対策では十分な対応ができなくなってきたからだ。しかし、ゼロトラストを実現するのは簡単ではない。複数の製品の組み合わせが必要になり、それらの連携がネックになるケースも出てきている。本記事ではゼロトラストの要ともなる、EDRとIDaaSをどう連携していくべきなのかについて解説しよう。

photo
ゼロトラストを実現する第一歩を解説
(Photo/Getty Images)

ゼロトラスト移行で基本となる「3点防御」

 従来型の境界防御は「社内のネットワークは安全」「社外のネットワークは危険」という考えから、社内と社外の境界を監視し防御するというセキュリティ対策だ。しかし、働き方と働く場所が多様化したことでクラウドの活用が進み、社外アクセスの増加とデバイスの多様化していることから、従来型の境界防御は通用しなくなってきた。

 そこで登場したのが「ゼロトラスト」だ。そのために考えなければならない重要なポイントは3つある。1つ目は「ユーザーの認証・認可」だ。正しいユーザーであるかどうかを判断し、どのような権限を与えるか確認する。2つ目は「デバイスの信頼性の監視」で、ユーザーが使用しているデバイスが安全かどうかを検証する。3つ目は「社内社外を意識しないアクセスの実現」。ネットワークの場所を意識せず最小権限でアクセス可能な状態を実現する。

 ゼロトラストの基本となるこの3点防御を実現する上で大きな役割を担っているのが、EDRとIDaaSである。EDRとは「Endpoint Detection and Response」の略称で、ネットワークに接続されているエンドポイントを監視し、脅威を発見した場合に対処するソフトウェアの総称。IDaaSとは「Identity as a Service」の略称で、IDなどログイン情報の管理をクラウドで行うサービスの総称だ。

 次の章からは、EDRとIDaaSとをいかに連携してゼロトラストを実現していくかを解説していこう。

この記事の続き >>
・基本の3点防御に加えて、ゼロトラスト実現に必要な条件
・成否を分ける“グレーゾーン”の対処
・EDRとIDaaSの連携でデータ保護と業務継続性を両立

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます