Netskope Japan 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/12/15 掲載

セキュリティが“ビジネスの先回り”をするために、「SASE」(サシー)が必要な理由

記事をお気に入りリストに登録することができます。
デジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるにつれて、データへの依存度は高まっていく。その上、コロナ禍を機に企業はリモートワーク、クラウドサービスの利用を促進。ここ1~2年で情報漏えいのリスクは急速に高まった。企業はいかにして、社内・社外の従業員の行動を介してクラウド、Web、オンプレミスのアプリケーション内を移動し続けるデータを制御し、漏えいを防げばよいのか? その鍵を握る「SASE」(サシー)の必要性と運用のポイントに迫る。

photo
ゼロトラスト実現に欠かせないSASE導入のポイント
(Photo/Getty Images)

DXとリモートワークを背景に、データ漏えいリスクは爆発的に増大

 新型コロナウイルスの流行で急速に広がったリモートワークが、企業のセキュリティの前提を大きく変えた。さまざまな場所で仕事をする従業員は、会社のセキュリティソリューションを介さずにインターネットやSaaSに直接アクセスするようになった。

 また、以前までデータは社内のクライアントPCやファイルサーバを中心に保存されていたが、クラウドやWebアプリケーションにも保存されるようになり、重点的に制御する必要性も生じている。企業のIT部門が許可していない“シャドーIT”を含む企業のクラウドとWebアプリケーションの利用数は、2014年の508から、2020年の2415へと5倍近く増加したという調査結果もある(Netskope Cloud & Threat Report Data)。

 企業が保有するデータ量自体も、急増の一途をたどっている。当然、データの表面積が大きくなるほど、漏えいの可能性も高くなる。昨今は、DXの機運の高まりでAIやIoTの活用が、データの肥大化を招いており、IDCの調査によると世界のデータ流通量は2010年の7ZB(ゼタバイト)から、2020年の57ZBへと8倍近くになった。さらに2025年には157ZBにも上ると言われている。

 企業は、クラウド、Web、オンプレミスのアプリケーション内を移動し続ける膨大な量のデータをどのように制御していけばよいのか。その要(かなめ)となるのが、「SASE」(Secure Access Service Edge)と呼ばれるネットワーク機能とセキュリティ機能を統合的にクラウドで提供するアーキテクチャーだ。

この記事の続き >>
・ゼロトラストセキュリティの実現にも欠かせないSASE
・VPNを狙う攻撃は約2000%増加、VPNを使い続けることは正しいのか?
・SASEアーキテクチャーを最適に運用・構築するためのポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​