株式会社イグアス 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/08/01 掲載

その「基幹システム刷新」が無駄かもしれない理由、コストを抑えて実現する業務改革

記事をお気に入りリストに登録することができます。
「2025年の崖」まで残り3年に迫る中、レガシー化してブラックボックスとなっている基幹システムについて、刷新するのかそれとも残しつつ有効活用するのか、頭を悩ませる企業は少なくない。ここでは現場での事例を交えながら、既存の基幹システムを有効活用するためのアイデアを解説する。

photo
既存の基幹システムを有効活用するためのアイデアを解説する
(Photo/Getty Images)

DXの目的は「システム刷新」ではない

 2018年に経済産業省から「DXレポート」が発表されて4年が経過する。あれから多くの国内企業がレガシーシステムの刷新に取り組んできた。

 しかし、DX本来の目的は「システム刷新」ではなく「業務を変えること」にある。企業によっては必ずしも完全クラウド移行が最適解とは言えず、オンプレミスとクラウドの両方を生かしたハイブリッド・クラウドなど、適材適所の対応が適切な場合もあるはずだ。

 また、そもそも既存のレガシーシステムがDXを妨げる根本的な原因なのかについては、ていねいに見極める必要があるだろう。それは、多くの場合、わざわざシステムを刷新しなくても、既存のレガシーシステムを有効活用すれば、コストを抑えながらDXを実現することができるからだ。

 とはいえ、実際に既存のシステムを生かす場合はどのような方法をとるべきなのか、選択肢が多いだけに難しい問題となる。ここからは、レガシーシステムを生かしながら業務に変革をもたらす方法を解説する。

この記事の続き >>
・レガシーシステムでもDXはできる? その理由とは
・インフラ・アプリの刷新は単なる手段と言えるワケ
・基幹システムはそのまま?低コスト・迅速な業務改革2つの事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​