アステリア株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/08/08 掲載

迫る2025年の崖、でもDXが進まない…非IT人材も使える「ノーコード」で克服せよ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
あと3年足らずで、いわゆる「2025年の崖」が訪れる。そのため、急ピッチでデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めている企業も多い。しかし、ITに詳しい人材が不足しており、特にITシステム部門を持たない中小企業ではDX化への進ちょく状況は芳しくない。そのような状況で、プログラミングの経験が浅い、あるいはまったく心得のない非IT人材でも、システム連携やデータ連携、アプリケーション開発を容易に行える手法がある。それが「ノーコード」だ。DXで直面した課題を解決する糸口としていま大きな注目を浴びている。

photo
非IT人材でもプログラミングでコードをまったく書かずに業務アプリケーション開発やさまざまなシステムやクラウドサービスなどとのデータ連携などを実現することができる手法が「ノーコード」だ

DXを進めたくても“できない”深刻すぎる課題とは

 DXに向けたデジタル化やデータ活用が加速している。一方、あらゆるクラウドサービスが乱立していることで、DXに利用する多くのデータが散在している。DXを進めるには散財したデータを連携する必要があるが、連携するにはそれなりのITの知識と経験が求められる。

 ところが、少子高齢化で人材不足に悩む中小企業ではさらにIT人材の確保が難しく、たとえ社内に情シス担当者がいたとしても、各部署からのシステム変更や、保守・運用といった日々の業務に追われるため、思うように新規開発が進められないというジレンマがある。

 もちろん外部のSIerに頼る選択肢も考えられる。しかし、そもそもIT業界自体も人材不足が顕在化しており、発注側としてもかなりのコストを覚悟しなければならない。何より外注に頼っていると、いつもでたっても社内にノウハウがたまらない。データを柔軟に活用する際に、根本の仕組みが分からなければ、スピーディーな開発ができないといった深刻な課題も挙げられるだろう。

 このようにIT人材が不足し、外注にも一任できない以上は、社内にいる非IT人材によって内製化を進め、データ活用のためシステムやサービスとの連携が手軽に開発できるような手段を考えていく必要があるわけだ。そこで脚光を浴びているキーワードが「ノーコード」による開発手法だ。ではなぜ同じく注目を集めている「ローコード」ではなく「ノーコード」なのか、そしてその手法とはどういったものなのか解説する。

この記事の続き >>
・「ノーコード」開発の大きすぎるメリット、ローコードとの違いは?
・絵を描く感覚? “誰でも”できるデータ連携の手法とは
・【事例】創業82年の老舗がシステム開発費を「50%削減」できた秘訣

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​