サイバーリーズン合同会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/09/30 掲載

政府サイバーセキュリティ統一基準に「EDR」の理由 、なぜ“侵入後”が重要なのか

記事をお気に入りリストに登録することができます。
近年のサイバー攻撃の特徴には、巧妙化・高度化が進んでいることと攻撃対象の領域が拡大していることの2つが挙げられるだろう。企業側が入念な対策を行ったとしても、サプライチェーンを狙った攻撃の完璧な防御は難しい。侵入されたのちにいかに検知し、対策していくか、つまりエンドポイントセキュリティに発想を切り替える必要があるのだ。今回は、政府機関のサイバーセキュリティ統一基準動向を紹介しつつ、サイバー攻撃の脅威を迅速に可視化する環境について解説する。
photo
政府の情報セキュリティ動向とは?
(Photo/Getty Images)

ゼロトラストネットワーク環境で求められるセキュリティ対策

 近年サイバー攻撃が巧妙化・高度化する傾向があり、企業の受ける被害も甚大になってきている。2022年1月にIPAが発表した「情報セキュリティ10大脅威 2022」によると、組織向けの脅威の1位は「ランサムウェアによる被害」、2位は「標的型攻撃による機密情報の窃取」、3位は「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃」という結果が出ている。

 「石油パイプラインが操業停止に追い込まれる」「病院のシステムにアクセスできなくなる」「リサーチ会社のデータが流出してしまう」など、さまざまな被害がニュースでも大きく報じられる事態となった。攻撃の対象が広範囲にわたり、被害が甚大になっていることが近年のサイバー攻撃の大きな特徴といえるだろう。

 かつてのセキュリティ対策は、社内と社外との間にファイアウォール・プロキシ・サンドボックスなどを設置して対策する「境界防御」が主流だった。しかし、ニューノーマルの時代になり、働き方が多様化してテレワークが普及したことやクラウドを利用するケースが増えたことにより、境界防御では対応できなくなってきたのだ。

 境界防御に変わって登場したのは、「ゼロトラストネットワーク」というセキュリティの考え方である。ゼロトラストという言葉どおり、「あらゆるアクセスを信頼できないものと見なす」ことですべてのセキュリティを見直して対策することを意味している。

 では具体的にどのようなセキュリティ対策を行うべきなのか? 本記事では政府機関のサイバーセキュリティ統一基準の動向や、巧妙化するサイバー攻撃に対する対策、セキュリティ人材不足への現実解などを解説する。

この記事の続き >>
・エンドポイントセキュリティの重要性が高まっている理由
・機械学習と相関解析によってサイバー攻撃をあぶりだす方法
・政府サイバーセキュリティ統一基準に「EDR」が入った理由
・セキュリティ製品導入後に効果的な運用を行うために必要なこと

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ビジネス+ITが新しくなりました 会員の方はログインの上、新しい会員規約に同意してください。

パスワードを忘れてしまった方はこちら

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​