• トップページ
  • 開発
  • ローコード/ノーコード開発「得意・不得意領域」を解説、メリットを最大化する活用法

シーメンス株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/11/17 掲載

ローコード/ノーコード開発「得意・不得意領域」を解説、メリットを最大化する活用法

記事をお気に入りリストに登録することができます。
DXを推進する企業の多くは、「慢性的なIT人材不足」の課題に直面している。これらを解決すべく、特別なスキルがなくてもプログラミングができるローコード/ノーコードの活用などが進んでいるが、うまく成果に結びつけられている企業は多くない。それは、ローコード/ノーコードの活用には、得意・不得意領域があり、その見極めができていないことが原因にあるようだ。

photo
ローコード/ノーコードの得意・不得意領域とは?
(Photo/Getty Images)

国内企業のDXが進まない理由とは

 日本におけるDXの進捗現状は、海外の先進国と比較すると、遅れていると言わざるを得ない。スイスの国際経営開発研究所(IMD)が、2022年9月28日に発表した「世界デジタル競争力ランキング(知識、技術、未来への対応という3つの観点から総合順位を決める)」によると、日本は前年の28位から29位に低下している。この順位の低さが、日本におけるDXの現状を表している。

 このように、社内のDXが進まない日本企業は、ビジネス環境や顧客ニーズが急速に多様化・複雑化・高度化する中で、そうした顧客のニーズの変化に対応できずにいる。なぜ、日本企業のDXは進まないのだろうか。

 たとえば、DXレポートでは既存の老朽化・複雑化・ブラックボックス化したシステムが、DXの妨げになっていると指摘されている。また、あらゆる課題の中でも特に深刻なのはIT人材不足の問題だ。国内企業の多くがIT人材不足に陥っていることから、獲得競争も厳しく、人材流出のリスクも高い。

 そのため、インハウスの部隊の補充は難しいことから、特別なスキルがなくてもプログラミングができるローコード/ノーコードの活用などが進んできたのだ。しかし、これらも使い方次第で成果が出る企業と出ない企業に分かれる。それは、ローコード/ノーコードは“活用の在り方”が重要になるからだ。ここからは、どのような場面で、どのような使い方が適しているのかを解説する。

この記事の続き >>
・ローコード/ノーコード活用、3つのメリット・3つの事例とは
・なぜ、ビジネス部門と開発部門の連携がスムーズになるのか?
・ローコード/ノーコード活用、「得意・不得意の見極め」が重要なワケ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ビジネス+ITが新しくなりました 会員の方はログインの上、新しい会員規約に同意してください。

パスワードを忘れてしまった方はこちら

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​