開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SAS Institute Japan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2010/12/15

技術文書

ホワイトペーパー
アドホックETLからの脱却。データ統合への移行戦略とその着手方法
複数のシステムから異なる種類のデータを抽出、変換、ロードするためのツールとして「ETLツール」の導入が進められてきたが、部門ごとに異なるツールが導入された結果、メンテナンスやトレーニング費などのTCO(総所有コスト)の増大や、メタデータの断片化を招いた。本資料ではそうした状況からの脱却手段として、「データ統合」の必要性を解説するとともに、データ統合の着手方法から、データ品質やマスターデータ管理などデータ統合ソリューションの各機能、データ統合戦略までを具体的に詳解する。
ページ数:12ページ

目次
はじめに:拡大するETL適用領域
アドホック ETL からデータ統合への移行
データ統合の定義
データ統合の着手方法
データ統合の A to Z
 データ接続とメタデータ
 データ品質とリアルタイムデータ品質統合
 データウェアハウス・データマート構築
 データ移行
 データ同期
 データ連携と企業情報統合
 マスタデータ管理
 データ統合戦略
データ統合戦略

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!